メニュー

読むだけで家計の悩みがスッキリするブログ - ギフトユアライフ浜松(FP相談)|住宅購入・保険の見直し・資産運用・老後の計画

0120-545-822 携帯電話の方 053-545-9822 お電話受付時間 9:00~18:00 0120-545-822携帯電話の方 053-545-9822 プライバシーポリシー
無料メールマガジン メールでのお問い合わせ
プライバシーポリシー

ギフトユアライフ浜松

0120-545-822 携帯電話の方 053-545-9822 お電話受付時間 9:00~18:00

無料メールマガジン メールでのお問い合わせ

読むだけで家計の悩みが
スッキリするブログ

活動報告

作成日:2021年07月08日(木)

みなさん、こんにちは!

お金を活かすFP事務所

ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。

 

前回の記事から5か月もご無沙汰してしまい、失礼致しました。

 

まだ活動してるよね?

とご心配の方もいらっしゃると思い、最近の活動報告をしますね。

 

おかげさまで、新年度に入り、活動の幅がどんどん広がっております。

 

コロナ禍だからこそ、家計をスリム化したい、慎重に将来設計をしたい、

という方が増えていることは、ケガの功名かな、と思っています。

 

〇今期より、遠州信用金庫様との提携で、顧客向け個別相談を行っています。

 

職員の方に同行したり、木曜日のお気軽相談会の担当FPをしています。

士業の方との連携も多く、お客様の課題に真摯に取り組む姿勢を応援しています!

 

木曜相談会では、リボ払いから脱したい。

収入減少を機に、家計をスリム化したい。

事業主としての今後の展開

 

終活を始めたいが、何をすればいいか?

認知症対策をしておきたい

住宅ローンの借り方、返し方

 

などなど、年齢層も課題も様々で、とても有意義な時間となっています。

 

また、オンラインで暮らしの応援セミナー

各支店の顧客に合わせたセミナーも行っています。

 

 

〇住宅購入者向けセミナー&個別相談が増えています。

 

将来の暮らしとお金のバランスに見通しを持ち

税制や補助金、銀行選びなどの情報を集め、

決断していくプロセスでご活用いただいています。

 

週末は専ら、いくつかの建築会社にお邪魔しています。

 

遠鉄ホーム様では毎月1回「賢い住宅ローンの組み方」セミナー

その後のFP相談を承っています。

 

更には、購入前後のお金の不安をトータルにご相談頂けるよう、

各営業マンからのご紹介で、個別相談を行っています。

 

 

また今月からは、マブチ工業様においても、

「暮らしもお金の自分らしくコーディネートしていく時代」

というテーマで、セミナー&個別相談会を開催します。

 

ほか3~5社程度の企業様より、随時、セミナーや個別相談のご依頼を頂いています。

 

概ね、セミナー参加は無料で提供されていますし、

個別相談も無料だったり、割引があります。

 

もちろん、弊社ホームページよりご相談頂くのも大歓迎です!!

 

今すでに、情報格差が広がりつつあることを感じています。

 

一生涯、お金との付き合いは続きます。好きになってほしい。

 

金融全般、特に資産形成や社会保障などの情報は、家族の暮らしを守るものになります。

 

引き続き精力的に活動を続けますので、いつでもご連絡くださいね!!

 

 

 

 

リボ払いを止めるには!?

作成日:2021年02月03日(水)

こんにちは!

お金を活かすFP 鈴木幸子です!

 

前回に引き続き、クレジットサービスの「リボ払い」

 

ご相談者の声として、

 

「知らないうちにリボになっていた。。」

 

という方がいらっしゃいます。

 

 

リボ払いを止めるには!?

 

①元金一括返済、または、こまめな繰上げ返済

 

②銀行などのフリーローン、おまとめローンに借り換える。

 

ちなみに、銀行のおまとめローンなら年利5-6%位で借りられます。

 

リボ払いの年利15%に比べたら安いですね^^

 

 

 

クレジットカードのリボ払いには、4種類ほどあります。

 

1.利用時選択型 

 

「一括」「分割」などと同じように、利用時に選択する。

 

2.登録型

 

利用開始時、利用中にリボ払い登録をします。

 

登録中は一括払いを選択してもリボ払いになってしまう。。

 

3.リボ専用カード

 

リボ払い以外の払い方が選択できない。

 

4.あとからリボ変更

 

一括払いなどで利用した分を指定して、後からリボ払いに変更する。

 

 

知らないうちに~、ということですと、

 

2番か3番の利用方法なのかもしれませんね!!

 

「昔、一回だけリボ払いにしたような。。。

 

気づいたら、その後のすべての支払いがリボだった💦」

 

 

「年会費無料クレジットカードを作って使ったら

 

リボ払い専用カードだった。。。」

 

 

特に新生活を始める社会人、

 

一人暮らしを始める大学生などが、知らないと危険です。

 

毎月定額の返済でいいみたい、手軽だし、使っちゃおう!

 

知らないうちに、返しても返してもずっと返済が終わらないループに入る💦

 

 

 

毎月定額という手軽さは、年利15%の手数料を払うほど必要ですか?

 

ご相談はお気軽に!

 

 

 

 

コロナ禍 クレジットリボ払いに注意!!

作成日:2021年02月02日(火)

こんにちは!

お金を活かすFP 鈴木幸子です。

 

「クレジットで毎月ちゃんと返してるのに返済が終わらない」

 

「残高がいくらなのかわからない、そもそも仕組みがわからない」

 

その正体は???「リボ払い」

 

 

コロナ禍が1年続いている昨今、うっかり、知らないうちに💦

 

クレジットカードサービスの「リボ払い」を始める方が増えています。

 

 

我が家にもリボ払いの案内がよく届きますが、気軽に申し込めちゃう「リボ払い」

 

日本クレジット協会も、注意を呼び掛けています!!

 

「リボ払い」とは、クレジット利用金額や利用件数に関わらず、

 

予め設定した一定の金額を月々払う方法です。

 

言い換えると残高に関係なく、定額を払い続けることになります。

 

 

残高には年利15%ほどの手数料が掛かります。

 

 

○支払い残高がいくらになっているか分かりづらい。

 

○返済額は、元金+手数料(利息)のため、元金がいくら減ったかわかりづらい。

 

○返済額一定で手軽なため、つい使いすぎて残高がどんどん増えているけど気づかない。

 

 

気が付いたら、

 

定額払いの金額のほとんどが手数料で元金が減ってない💦ってことも。

 

 

もし、一時的に借入が必要な場合には、銀行に相談しましょう!

 

毎月の支出の見直しとして、

 

○住宅ローンやマイカーローンの返済期間延長

 

○教育ローンやフリーローンの貸付

 

○コロナ禍緊急支援策

 

○FP相談会 総合的な家計の見直し

 

 

など、年利15%も払わなくても対策をすることができます!!

 

 

ちなみに私は、遠州信用金庫にてFP相談会を担当していますので、

 

良かったらお越しくださいね!!

 

 

 

マイナビ学生の窓口 監修しました!

作成日:2021年01月07日(木)

こんにちは!

お金を活かすFP 鈴木幸子です。

 

先日、学生さんから、珍しく電話問い合わせがありました!

 

何を見てお電話いただいたのかなぁー、と聞いたら。。。

 

「マイナビ学生の窓口」をご覧になったとのこと。

 

 

おーーー!そういえば、秋頃にやったなぁ!うん!

 

今までは見る機会のないサイトでしたが、

 

今年から娘は大学生♬(たぶん、、)見てくれるかな^^

 

 

https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/56479

 

ライターさんが頑張って書いた記事、個性を消さずに監修!

 

仕事の幅が広がった昨年でした!

 

今年もこの勢いで、ご依頼は断らずに頑張ろうと思います☆

 

 

「こんなことはできますか?」

 

 

というお問い合わせは、いつでもどうぞ!!

 

 

年賀状、ありがとうございます!

作成日:2021年01月07日(木)

こんにちは!

お金を活かすFP 鈴木幸子 です。

 

仕事始めに出社すると、お客様からの年賀状がいっぱい♬

 

 

お子様の成長、家族が増えた、新居に引っ越し、などなど

 

人生の節目にこれからも寄り添える仕事♬

 

すえながーーーく、ご縁をつなぐ仕事、理想の働き方☆

 

 

2021nennga

 

 

ふと、2021年の抱負を考えました!!!

 

 

プライベートでは

 

かっこいいママ、子どもたちの宇宙一の理解者でいる!

 

ビジネスでは

 

専門性の向上、同志との協働(官民一体、提携の拡充)

 

 

 

コロナ禍で家計にダメージがあっても頑張り続ける皆さん!

 

まだまだ多くの人に伝えるべきことがあります!

 

 

設立6年目、更なる飛躍を目指して一年を駆け抜けます☆

 

 

 

 

関連団体

日本FP協会 生命保険文化センター 相続診断協会