メニュー

浜松 - ギフトユアライフ浜松(FP相談)|住宅購入・保険の見直し・資産運用・老後の計画

0120-545-822 携帯電話の方 053-545-9822 お電話受付時間 9:00~18:00 0120-545-822携帯電話の方 053-545-9822 プライバシーポリシー
無料メールマガジン メールでのお問い合わせ
プライバシーポリシー

ギフトユアライフ浜松

0120-545-822 携帯電話の方 053-545-9822 お電話受付時間 9:00~18:00

無料メールマガジン メールでのお問い合わせ

読むだけで家計の悩みが
スッキリするブログ

  • 我が家の住宅予算はいくらですか?

    作成日2020年10月09日(金)

    こんにちは!

     

    お金お活かすFP事務所

    ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。

     

    「私たちの無理のない住宅予算はいくらか、わかりますか?」

     

    ライフプラン&住宅資金相談で多い質問です。

     

    私がお答えするのは、

     

    「ご家族にとって最適な住宅予算を決められるように

     

    私は、情報提供し、具体的な選択肢をお伝えしますね」

     

     

    答えは、ご相談者の中にある!!

     

     

     

    人生100年、予定通りにいかないことの方が多いライフプラン。

     

    生涯にわたって、家族の暮らすスペースを確保するための固定費。

     

    コロナ禍でも、産育休中でも、大学進学させてる時も

     

    ずっと、ずっと35年位は続く決まった支出です。。

     

     

    ん?でも、、、

     

    人生100年、今が30歳だとすると、65歳まで払えばいいのか?

     

    と思った人もいるかもしれませんね!

     

    今後70年住むかもしれない住まいを35年返済で購入する、とも言える。

     

     

    あと何年働くのか?世帯年収は?キャリアップの予定は?

     

    日常に掛けたいお金の優先順位、教育費やレジャー費などなど

     

    不確実な支出しかない中で、住宅予算だけ確実に決められますか?

     

     

    私がコンサルティングで心掛けているのは、

     

    相談者が、将来の暮らしとお金のバランスを把握し、

     

    できるだけ毎月の家計レベルで効率的に予算を決められるように導くこと。

     

    そして、何よりも「その決断が正解だったという未来を創れるように」

     

    納得感のある決断をできるようにとことん寄り添う!

     

     

    相談者の性格や知識、経験、みんなみんな違うんだから、

     

    一番大事なのは、相談者の「納得した住宅予算」だと思っています。

     

     

    一生に一度の高い買い物するみなさん、

     

    FP相談を通して、「不便、不満、不安」を解消していきましょう!

     

     

    毎月5-6件の新規相談を承り、地元銀行の最新情報に精通したFPを

     

    便利に満足いくまで活用し、安心して住宅購入を進めませんか?

     

     

    ライフプランニング&住宅資金相談パック 11000円

     

    相談時間は2時間×3回以上、納得いくまでご相談くださいね!

     

     

     

     

  • がんと診断されたら住宅ローンがゼロになる!?

    作成日2020年10月09日(金)

    こんにちは!


    お金を活かすFP事務所

    ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。

     

    コロナ禍が少し落ち着き始めた今日この頃、

    7月ごろから通常の相談業務がスタートしています。

     

    コロナ禍の相談傾向として、

    結婚式、新婚旅行、第一子の予定を変更し、

    新居の取得を検討されている新婚さんが多い気がしています。

     

     

    さて今日は、住宅ローンを借りる際に加入が必要な

    団体信用保険(団信:だんしん)という生命保険についてご紹介します。

     

    低金利が続く日本経済、銀行の貸付金利も低迷を続けています。

    金利競争にも限界が来ているのでしょう、金利以外の魅力を打ち出しています。

     

    それが、バラエティーに富んだ団体信用保険です。

     

    もちろん死亡や高度障害になったらローンはゼロになります。

     

    更には、悪性がんと診断されたら、住宅ローンがゼロになる。

     

    病気やケガで1年以上働けなかったら、、

     

    8大疾病や3大疾病、障害で所定の状態になったら、、

     

    などなど、様々な条件で、住宅ローン返済の負担を軽減してくれます。

     

     

     

    ご相談の中で良く質問されることがあります。

     

    「民間の生命保険と団信とどっちが安いの?」

     

    団信の特徴として、加入者の性別や年齢などの個別要因はあまり関係ありません。

     

    そして私が関わる相談の試算実績から、「団信の方が安い」という結果になることが多いです。

     

    もちろん、最終的な決断の際には、ご自身の場合はどうなのか、試算してみてくださいね。

     

     

     

    「民間の保険は加入しなくていい?」

     

    民間の保険に関しては、目的によって変わりますね。

     

    たとえば、有事の際、住宅ローンの返済がゼロになれば、家計は大丈夫!

     

    というのであれば、不要だと思います。

     

     

    民間の保険に加入する目的は様々です。

     

    どんな時に、いくらお金が必要で、いつまで必要か?

     

    子どもが産まれたばかりで、パパが病気やケガで長期的に働けなくなってしまったら、

     

    住宅ローン返済はもちろんですが、家族の生活費や教育費なども稼げなくなってしまう。

     

    ここからあと数十年、収入が無くなっちゃった、となると貯蓄では賄えないかもしれませんね。

     

     

    まとめると、

     

    住宅ローン借り入れを検討する際には、団体信用保険の内容も検討しましょう!

     

    団体信用保険と民間の保険とのバランスをライフプランに合わせて、効率的に見直そう!

     

     

    弊社では、ライフプラン&住宅資金相談パック 11000円で実施しています!

     

    お気軽にお問い合わせくださいませ☆

     

     

     

     

     

     

  • データでみる、最近の進学率や進学費用

    作成日2020年06月10日(水)

    こんにちは!

     

    お金を活かすコツを伝授する、FPの鈴木幸子です☆

     

    バブル崩壊から伸び悩む日本経済、年収も比例しています。

     

    そんな時代が来て30年以上が経つのですが、教育費事情はどうなっているでしょうか?

     

     

    現在、大学進学のお子様を持つ親が大学に行っていた頃(1995年)

     

    国立大学の入学+初年度学納金は、70万円位でした。

     

    まさに私は1978年生まれなので、このころに大学へ進学しています!

     

     

    令和元年には82万円 17%UPしています!

     

    公立大学が、80万円→93万円 16%UP

     

    私立大学が101万円→115万円 14%UP

     

     

    大学の数は増えてます!

     

    1515校⇒2577校 学部数や選べる種類も細分化。

     

     

    進学率は?65%⇒82%

     

    そのうち大学のみの進学率は 32%⇒54%(浪人生含む)

     

    そして、奨学金の受給率は?21%⇒49%

     

     

    まとめると

     

    この25年間で、大学の数は1.7倍になり、進学率は上昇!

     

    中学校のクラスが40人だとすると

     

    22人が大学へ進学、11人が短大や専門学校へ、

     

    7人が就職するか、家事手伝い、ということ。

     

     

    そして進学した33人中16人が、

     

    何らかの奨学金をもらうか借りて、学生生活を送っている。

     

     

    ちなみに、1978年生まれは167万人、2002年生まれは115万人 31%減っています。

    ここからは、延べ人数を羅列します!

     

     

    1978年生まれの167万人中、

     

    53万人が大学へ、55万人が短大・専門学校、59万人が就職・家事手伝い。

     

     

    2002年生まれの115万人中、

     

    62万人が大学へ、32万人が短大・専門学校、21万人が就職・家事手伝い。

     

     

    あれ?

     

    大学の数は70%増えているのに、進学者数は16%しか増えてない。。

     

    つまり、1大学に在学する生徒の数が少なくなっている!?

     

    学費、上がるのは必須ですよね。。。

     

     

    奨学金をもらうか借りている人は?

     

    1978年生まれ、22万人。2002年生まれ、46万人くらいの予定。

     

    上記の数字を見て、皆さんはどう思いましたか?

     

     

     

    私の娘が2002年生まれです。

     

    彼女には、「教育は投資だ!」と説明しています。

     

     

    そして、場合によっては奨学金も借りさせようかと検討しています。

     

    返さなきゃいけないお金があるから、稼がなきゃ!!

     

     

    1人暮らしで生きる力を身につけさせたい、って思うけど、

     

    もっと必要な生きる力って、何だろう?

     

     

    教育は自分に、社会に役立つ能力、という価値をつけるための一つの手段。

     

    その価値を社会に還元し、稼ぐことで、生きていける。

     

    そんな「生きる力」も体得できる大学生活を送ってもらいたいな、と思っています^^

     

     

     

    ※上記のデータは、娘の学校で配られた「キャリアガイダンス」から抜粋しました!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • 国の教育ローンと奨学金の活用法とは?

    作成日2020年06月09日(火)

    こんにちは!


    お金の活かすコツを伝授!

    FPの鈴木幸子です☆

     

    6月に入り、アフターコロナムード漂う中、

    日本学生支援機構(JASSO)の「予約採用」が始まりました。

     

    高校3年生になる娘が、先日資料を持ってきて、

    「とりあえず、セミナー聞いてきたー」とのこと。

     

    「全然意味が分からなかった―」とも。

     

    そこで、最新の教育費の借入事情をまとめました!!

     

    巷で言われている「奨学金」は、ほぼJASSOの貸与型奨学金のこと。

     

    今年からは、「給付型奨学金」も新設されましたが

    低所得世帯など特定の条件があるのでそれはまた今度。

     

    まずは概要、というか結論から!

     

    大学入学前の準備費用は

     

     

    日本政策金融公庫の「国の教育ローン」を活用。

     

    入学後の月々は「貸与型奨学金」を活用するのが現実的!

     

    なぜなら、

    奨学金は入学後の4月下旬に初めて振り込まれるから。

     

     

    それも月々の振り込みなので、まとまった入学金などには充てられず。

     

    入学時に備えた増額貸与奨学金最大50万円の申請もできますが、

    その振り込みも、入学後になります。建て替え制度あり。

     

    「国の教育ローン」と「貸与型奨学金」の主な特徴と違い。

     

    まずは、債務者ですが、

     

    「国の教育ローン」は「保護者」

     

    「貸与型奨学金」は「生徒本人」

    次に、貸与時期

     

    前者は、「入学が決まっていれば、いつでも」

    後者は、「入学後」

     

    受取り方は、

    前者は、当面1年分を「一括受取」

    後者は、「毎月一定額」

    そして、申し込み窓口は?

     

    前者は、在学中の学校で、予約採用の場合は高校ということ。

     

    後者は、日本政策金融公庫の窓口、

    あるいは郵送か、インターネット申込みもできます!

     

     

    まとめると「国の教育ローン」は

     

    保護者が、日本政策金融公庫に申し込み、

     

    入学が決まれば、使い道の決まった1年分のお金をまとめて受け取れる!

     

     

     

    「貸与型奨学金」は

     

    生徒本人が、在学中の学校に申し込み、入学後に、毎月定額で受け取れる!

     

     

     

    ということになりますので、いつ、何に、いくら必要か?

     

    そして、誰が借りるのかを家族で話し合う必要がありますね!!

     

    さてここからは、借りる上での注意事項のご紹介。

     

    借入予定の総額はいくらですか?

     

     

    誰が、いつから、いつまで、いくらずつ返済、返還しますか?

     

     

     

    「国の教育ローン」は、最大350万円(自宅外通学など最大450万円)を

    借入から15年以内に完済する必要があります。

     

    すぐに返済を始めるか、在学中は利息のみで卒業後に残り年数で完済することもできます。

    現在は、固定金利で1.7%です。

     

    「貸与型奨学金」は、無利子の第一種奨学金と有利子の第二種奨学金があり、

    貸与月額や総額によって、返済期間が設定されますが、最大20年間で返還終了です。

     

     金利は主に、変動金利と固定金利が選べ、現在は0.002%か0.077%です。

     

    めっちゃ低金利ですよねーー。

     

     

    例えば、首都圏の国立大学に進学したとしましょう!

     

    受験費用が約50万円、入学金と4年分の学費が244万円+α(諸経費)

     

     

    JASSOの学生生活シミュレーターによると、

     

     

    学生の一人暮らしの全国平均が月10.5万円なのですが、

     

     

    このデータの中には、住居・光熱費が3.7万円しか入っていません。

     

     

    ということで、東京の家賃相場6.7万円+水光熱1万ちょいとして月8万円

     

     

    合計約15万円×48か月=720万円 ですね。。

     

     

    是非とも考えたいのは、

     

     

    1000万円の教育への投資をして、リターンは期待できるのか?

     

     

     

    リターンは「稼ぐ力」「社会に役立つ能力」「夢の実現」、人それぞれですが、

     

    両親には子ども独立の後にも、まだ30年~50年の人生が待っています!

     

    子どもの進学意欲に任せるだけではなく、家計のバランスを確認した上で、

     

    教育ローンや奨学金の活用を検討していきたいですね☆

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • FPなら、誰に相談しても内容は一緒ですか?

    作成日2020年06月07日(日)

    こんにちは!

    お金を活かすコツを伝授!

    FPの鈴木幸子です☆

     

     

    以前のブログにも書きましたが、

    最近、セカンドオピニオンとして

    ご相談頂く機会が増えてきています。

     

    「FPの人によって、

    言っていること、提案が違う」

     

    とのお声をよく聞くようになりました。

     

    FPとは、

    ファイナンシャル・プランナーの略語です。

     

    名乗る際にFPと言いますが、

    実はFPとは、資格の名前です。

     

    つまりFPとは、

    資格取得に必要な知識を持っている人が、

    それを示すために使っている

     

    呼称のようなものですね。。

     

    相談するFPによって、

    相談内容はバラバラです!

     

     

    例えば、

    住宅ローンの変動金利と

    固定金利はどっちがいいか?

     

    繰上げ返済はした方がいいか、どうか?

     

    奨学金は借りるべきか、借りないべきか?

     

    どんな保険を選ぶといいのか?

     

    NISAはどの金融機関がいいか?

     

     

    などなど、

    たぶん全然違う答えをもっていると思います!

     

    更には、相談者との相性も大事ですね。。

     

     

    大切にしたいのは、相談する前に

     

    「何がきっかけで相談しようと思ったのか(課題)」

     

    「課題を解決して、どんな未来を手にしたいか?(理想)」

     

    「課題解決に必要な情報・方法は何か?(手段)」

     

    ぼやっとしたイメージを持っておくことです。

     

     

    それによって、自分たちが知りたい情報

    や方法にたどり着きやすくなります。

     

    また、相談してみたけど、

    どうも相性が良くない、

    という判断もできるようになると思います。

     

     

    属人的な要素が多い、FP相談。

     

    時には、人生相談になることもあります。

     

    一度の相談で納得感が得られないようでしたら、

    セカンドオピニオンをすることをお勧めしますね!!

     

     

     

  • 住宅資金のセカンドオピニオン

    作成日2020年05月24日(日)

    んにちは!

    お金を活かすFP事務所

    ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。

     

     

    FPとして活動を始めて早10年、

     

    そのうちの半分以上の期間、住宅資金相談を中心に行っています。

     

    そんな日々の中、最近の傾向として感じることがあります。

     

     

    「住宅メーカーや工務店から紹介されたFPさんに相談したけど、

     

    イマイチわからないまま、相談が終わってしまった。。。」

     

     

    と言って、私のところへ来る方が増えているのです!

     

     

    4-5年前はまだ、住宅購入の際にFP相談をする、

     

    という慣習も広がっていませんでしたので、

     

    相談する人が増えた、というのはいいことだと思っています。

     

     

     

    私も住宅メーカーや工務店からの紹介による相談業務が多いです。

     

    でも、相談者が頭に「はてな」を浮かばせたまま、相談が終わることってないんです。。

     

     

     

    もちろん、実際のところはわかりませんが。。。。

     

    約8割くらいの方は、継続して相談頂いてますし、

     

    残りの方は、サクッと次のステージに進んでいる印象があるのですが。。。

     

    ちなみに次のステージとは、必ずしも住宅購入ではないです!

     

    両親との同居だったり、ライフプランの見直し、メーカーのえらびなおしなど、

     

    少なくとも次のステップを決めて、私の元を旅立つんですよね。。

     

     

     

    セカンドオピニオンでいらっしゃった方の特徴としては、

     

    「キャッシュフロー表に展開されている数字の意味が分からない」

     

    「FPの人が勝手に決めて、数字を入れて、気が付いたら終わっていた」

     

    など、FPとの信頼関係が築かれていない、というもの。

     

     

     

    私にとっても、気を付けたい、耳に痛い、指摘をされる方が居るので、

     

    本当に勉強になりますし、気を付けようって思います!!




    FPと言っても、その個人の価値観、生き方、経験、得意分野、などなど

     

    実は、一人一人違います。私も含め、属人的な要素が大きいと感じます。

     

     

    そもそも 相談の目的は何ですか?

     

    家族の将来、暮らしとお金のバランスを見通したい!

     

    家族の価値観を共有して、お金の優先順位を決めたい!

     

     

     

    税制や頭金と住宅ローンの割合や、

     

    金利タイプなどの選び方といったテクニックを得て、

     

    賢く、効率的に住宅購入を進めたい!

     

     

    などなど、各ご家庭の目的や価値観によって、相談相手を選んでみてください。

     

     

    ちなみに、私への相談の大半は、上記の理由によって

     

    「もやもやしているから、相談しておきたい」

     

    「これを機会に、真剣に、しっかりと未来設計をしたい!

     

    という方が、ご自身で申し込み、あるいは紹介されていらっしゃいます。

     

     

    時間は掛かります!

     

     

    最低でも2時間×2回くらいは、掛けないと得られるものは限定的です。。

     

     

    とことん未来設計して、賢く住宅購入をしたい方のために、

     

    新しい相談プランを作りました!!

     

    ライフプラン&住宅資金  個別相談 11000円

     

    お気軽にご相談くださいね!

  • 【家計見直し】リボ払いからの脱出!!

    作成日2020年05月24日(日)

    こんにちは!

    お金を活かすFP事務所

    ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。

     

     

    家計の半分以上を占めるであろう「固定費」

     

    その中に、毎月定額払いのカードローン「リボ払い」はありませんか?

     

     

    きっかけは、ポイントが付くから、とか、キャッシュがいらないから、

     

    手軽だから、などで始まったクレジットカード生活。

     

    キャッシュレス社会が現実味を帯びた今、更なる拡大が図られています。

     

     

    そんなクレジット生活、確かにお得だし、私もほとんどキャッシュレスです!

     

     

     

    そんなある日、

     

    翌月の支払い金額確定と共に伝えられる「リボ払いへの変更案内」

     

    リボ払いとは、支払った件数や金額にかかわらず、

     

    毎月の支払額が一定になる支払い方法です。

     

     

    コロナで収入も減ったことだし、オススメならそれにしてみよう!!

     

    と、手続きをしたら最後、なかなか支払いが終わらない、ってことがあります💦

     

     

    なぜなら、毎月一定額の支払い、という便利さ、

     

    手軽さの代わりに支払う「手数料」がとにかく高い!!

     

    実質年率15%位が標準です。

     

    残債50万円あったとして、単純計算で

     

    50万円×15%÷12か月=毎月6250円が手数料です。

     

     

    元本は、いくらを定額にするかによって違いますが、

     

    2万円ずつ返済する、としたならば、、、

    元本13750円で利息が6250円ですね。。

     

     

    翌月の残債は50万円ー13750円=486250円となるのです。

     

    ちなみに完済するのは、約30か月後。総額約60万円です💦

     

     

     

    更に大変なのが、このクレジットカード、ずっと使い続けたりします。

     

    つまり、残高がずっと増えるわけですから、もはやいつ終わるのか?

     

    分からないまま、ずーーーっと返済を続けることになる💦

    借金を背負った男性のイラスト | 無料フリーイラスト素材集【Frame...

     

    リボ払いをされている方に、ライフプランのためのヒアリングをすると

     

    今の残債を把握していない人しか居ません。。

     

    毎月の返済額はわかるけど、今の残債はわからないし、仕組みもわからないけど、

     

    ずっと払ってるけど、いつ終わるかわからない、という感じです。

     

    更には、まとまったお金があっても、どうしたら完済できるのか、知らない💦

     

     

     

    リボ払いからの脱出!!

     

    銀行のおまとめフリーローンに切り替えちゃいましょう!!

     

     

    もちろん残債やその方の信用力、支払い能力によって金利は違います。

     

    でも、でも、少なくとも、完済の見通しがつくだけでも、安心です。

     

     

    そして、二度と、リボ払いには頼らない家計管理を一緒に考えましょ♪

  • 【家計見直し】残価設定マイカーローンは正解?

    作成日2020年05月24日(日)

    こんにちは!
    お金を活かすFP事務所

    ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。

     

    最近のご相談で増えている事例です。

     

    ディーラーさんで、キャッシュで車を買おうとしたら、

     

    「ローンにしてくれたら割引できます」と言われた。。

     

    逆に、キャッシュだと割高になる!?

     

    その背景には「信販会社」との提携があります。

     

    15万円だけでもいいので、ローン組んでくれませんか?

     

    なーんて、頼まれた方もいました💦

    sensya_man.png

     

     

    良し悪しは、家計や価値観によって違うと感じます。

     

     

    まとまったお金を出すのは不安だったから、

     

    「まあ、いっか」と考える方。

     

     

     

    低金利の日本経済ですから、まとまったお金は借りといて

     

    手元にあるお金は世界経済で運用するって方法もありますね。。

     

     

    総額を確認して、お得だと判断する方法。

     

     

    そして、もう一つ、

     

    目の前はお得なので、ローンにしておこう!

     

    その後、繰上げ完済。

     

    あるいは、銀行のカーローンに借り換え!!

     

     

    先日のご相談では、

     

    5年後の残債返済のために、つみたてをされている方が居ました。

     

     

    つみたてできる余力があるのなら、

     

    銀行のマイカーローンに切り替えて、5年で払ってしまった方が、お得。

     

    今回の場合は、金利も低くなりましたし、

     

    残債の利息も払わずに済みました!!

     

     

    住宅ローンもさることながら、

     

    うっかり組んでしまったマイカーローンの見直しもしてみるといいかもしれませんね☆

     

  • 【コロナ対策】除菌、マスクは必須です!

    作成日2020年04月09日(木)

    こんにちは!

    お金を活かすFP事務所

    ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。

     

    弊社はコロナ拡大の早い段階から、東京本社を中心に対策を行っています。

    2月には2か月分くらいのマスクが届きましたし、体温計も届きました。

     

    最近では、次亜塩素酸水による消毒も行っています。

    朝、ご来店ごとに机やドアなどの除菌を行っています。

     

    我が家には、基礎疾患のある義父が同居していることもありますし、

    なるべく人込みを避け、車移動を心掛けています。

     

    電話相談も承りますが、最終的にはご来店いただくこともありますし、

    感染対策は万全にご相談をお待ちしております!

  • 【コロナ対策】電話相談はじめました!

    作成日2020年04月09日(木)

    こんにちは!
    お金を活かすFP事務所

    ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。

     

    首都圏では「緊急事態宣言」が出されましたね。。

    浜松にも少しずつ感染が広がってしまっています。。

     

    先日、相談で来社予定の方から

    「電話相談はできませんか?」とご提案がありました!!

     

    初めての試みでしたが、お約束時間にお電話してスピーカーにしながら、

    ご夫婦のライフプランカウンセリングを2時間かけて行いました。

    クリックすると新しいウィンドウで開きます

     

     

    感想としては、電話だからこそ、顔が見えないからこその良さがありました!

     

    ご夫婦のご意向を声のトーンや、間合い、などだけでキャッチしますので、

    細心の注意を図りながら、丁寧に進めることができました。

     

    初めてのことで、より分かりやすく進める工夫をしていきたいところは見つかりましたが、

    今週末の2回目に向けて資料も丁寧に作り上げましたし、軌跡が残るので振り返りする上でも、良いかも☆

     

    お互いにインターネット環境があれば、資料で見せるような情報はネット上にあります。

    検索キーワードさえお伝えできれば、ご自身で検索して頂く分、主体的に取り組んで頂けます。

     

    コロナ対策で自粛中、時間ができたので「家計の見直し」「資産形成」などなど、

    時間をかけて取り組みたいことに手が回る時期かもしれません。

     

    コロナからの回復期、きっと社会は大きく飛躍し、皆さん忙しくなるかもしれませんね。

    そんな明るい未来のためにも、家計の体制、土台の見直しをしてみませんか?

     

    ライフプランを立てて将来の暮らしとお金のバランスを確認

    資産形成の仕組みを作り、固定費を見直し、家計の適正化を行う。

     

    ちなみに、資産形成は長期投資が基本ですので、今のような経済低迷期ははじめ時かも^^

     

    我が家の長男16才も、ジュニアニーサ口座で運用を開始しました。

    時間に余裕のできた母としては、彼との質疑応答が専らの楽しみとなっています^^

     

    電話相談やZOOMによる相談もこれを機会に行うことを決めました!

    費用は、面談時と同額、未来設計サポート5500円で承ります☆

     

    面談よりも多くの資料や相談履歴が手に入り、お得かもしれません!

     

    お気軽に、お問合せ、ご依頼ください☆

     

  • 入社6か月記念、プチ旅行♪

    作成日2020年01月29日(水)

    こんにちは!

    お金を活かすFP事務所

    ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。

     

     

    10年を振り返る機会を頂いたセミナーを終え、ひと休憩♪

     

    昨日は、小田FPと一緒に「九重」にランチ&エステ&温泉ツアー

     

    会社よりお祝いでもらった旅行券、なかなか泊りは難しい主婦2人。

     

     

    半日のプチ旅行でしたが、普段はなかなかいけない高級旅館での

     

    豪華なランチと源泉かけ流し、全身マッサージに酔いしれましたー!!

     

     

    futari1

     

     

    2018年に1人事務所になったけど、お客様に助けられ楽しく仕事してました。

     

    でも2019年6月に小田FPが入社してくれて、

     

    お互いの専門分野での学び合いができて、日々成長してる。

     

     

    これからも、こんなプチ旅行なら来れるね!

     

    至福の時をありがとう☆

     

     

     

  • 顧客本位の住宅資金計画法とは?

    作成日2020年01月29日(水)

    こんにちは!

    お金を活かすFP事務所

    ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。

     

    先日、遠州信用金庫主催の建築営業さん向けセミナーで

     

    資金計画法についてメッセージしてきました☆

     

    30社近い企業が参加され、関心の高さに感動しました!!

     

     

    いままで自分がしてきたコンサルティングを

     

    ご紹介する機会を頂けたことに感謝!

     

    この1-2か月は、今までの10年近くを振り返るいい機会となりました。

     

     

    そして導き出されたメッセージは、しっかり伝わるものになっていました☆

    ensin1ensin1

     

     

    〇一番大事なこと

     

    「欲しいという気持ちをカタチにする応援者であれ」

     

     

    住宅営業さんは、

     

    「家のある暮らし」をより具体的にイメージして頂くことで

     

    欲しい気持ちを育てていくのがお仕事かな。

     

     

    FPは、「お金の見通しを持って頂くこと」で

     

    未来への計画性、安心や自信を育む。

     

     

    〇ライフプランカウンセリング&シミュレーションを通して、

     

    お客様の本音・本気に、どれだけ誠実に専門的に関われるか!

     

     

    今も未来も「これでよい」という状態を

     

    お客様自身が創造していくことが大事です。

     

     

    事例を2つ活用して、より具体的なメッセージを心掛けました☆

     

     

    住宅は、人生で一番高い買い物です!

     

    「今・未来のお金のバランス」と「具体的なテクニック」

     

    情報を手にすることで、自分軸の人生をエンジョイしもらえるように☆

     

     

    ご縁を頂いたお客様を

     

    ずっと応援できるのが私の目指すFPスタイル!!

     

     

    少子・高齢化、日本の社会情勢は厳しいかもしれない。

     

    でもね、こんなに豊かな日本に生まれて文句は言えない。

     

     

    住宅購入には税金が多く投入され、景気対策の一端を担っている。

     

    更には、セカンドライフの住まいを確保することで老後不安は減る。

     

     

    これを機会に、多くの建築業者さんが

     

    ライフプランニングの本質を理解してくれたとしたら嬉しいな♪

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • ロボアド紹介のセミナー行ってきました!

    作成日2020年01月21日(火)

    こんにちは!

    お金を活かすFP事務所

    ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。

     

    先週はセミナー続きでしたが、

     

    Welth Naviというロボアドの紹介セミナーに行ってきました!

     

    2016年から始まったロボアド運用市場

     

    参入会社全体で、既に30万人、預かり資産3000億円の規模になっているそうです。

     

     

    genome

     

    受講の目的は2つ

     

    〇個人的にこれ含め2つのロボアドを活用してるので、

     

    運用方針や仕組みを詳しく知りたい!

     

     

    〇資産形成についてのセミナー

     

    プレゼンターとして「わかりづらいことをわかりやすく」

     

    どのように伝えているか、パクりたい!

     

     

    感想としては、

     

    世界の富裕層しかできなかった運用方法を

     

    一般の人ができるようにした、素晴らしい仕組みでした。

     

     

    そして、パクれる言い回しもいくつかあり、

     

    普段の自分自身のセミナーに活かせそうです☆

     

     

    次は、「お金のデザイン」さんが運営するTHEO(テオ)

     

    の研修も行ってみたいなぁ、と知的好奇心をくすぐる一日でした^^

  • ゲノム医療は夢の治療法?

    作成日2020年01月21日(火)

    こんにちは!

    お金を活かすFP事務所

    ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。

     

     

    先日、浜松医療センター主催の市民講座に参加してきました☆

     

    テーマは、オバマ大統領が一躍有名にした「ゲノム医療」について。。

     

    現在、日本のゲノム医療予算も50億円を超えているとのこと。

     

    genome

     

    概要をお伝えします!

     

    ゲノム医療の進化は、機械技術の進化と共にあり。

     

    人間の体を構成する「遺伝子」は、一人一人違います。

     

    その遺伝子をより詳細に検査することができるようになったことで、

     

    がん=遺伝子のキズ、異常 が原因である、ということがわかってきたそうです。

     

     

    今までわからなかったがんの原因がわかった、ということは、対策を打つことができますね。。

     

    ただし、現在の医療では遺伝子が特定できても対応できる薬剤は1-2割しか開発されておらず。

     

     

    そしてもう一つの問題は、公的医療制度における対応です。

     

    現在、ゲノム検査(遺伝子パネル検査)が健康保険で受けられる人は限られています。

     

    ・他に治療法がない希少がん

     

    ・標準治療が終わって他の治療法がない患者で、治療に耐えられる体力が残っている人

     

    のみが、対象となるそうです。

     

     

    静岡がんセンターで行われている治験で52症例あるそうですが、

     

    実際にがん遺伝子が分かって、該当する薬剤が見つかり投与されている方は1-2人って言ってたかな。。

     

     

    講座を受けてみての感想です。

     

    もし私だったら!?

     

    がんと診断されたファーストアクションで「遺伝子パネル検査」やります!

     

    原因が分かってから対策を打ちたいし、対応できる薬がないなら

     

    効かないのが分かっている標準治療で、毒を盛ったり(抗がん剤)したくない!

     

    自由診療になるけど、実費を出してくれるがん保険が世の中にはある!

     

     

    あ!でもそもそも論ですが

     

    ステージ1-2などの初期だったら、外科手術でいいはず。

     

    つまりは、初期で見つけるための詳細な健康診断を受けることが大事。

     

    更には、健康管理の方がよっぽど大事!!

     

     

    結局、今の段階では「どれだけ延命できるか?」というデータがゲノム医療の目的なのかな。。

     

    あくまで医療に素人の私が、市民講座で聞きかじった情報ですので、あしからず。

     

     

    どんながんでも治る、夢の治療、というわけではなさそうです。。

     

     

     

     

     

     

  • 預金だけでは資産を守れない!?

    作成日2020年01月09日(木)

    こんにちは!
    お金を活かすFP事務所

    ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。

     

    新しい年が始まり、今年のアクションプランを検討している人も多いのでは?

     

    そんな折、是非とも検討いただきたいのは、預貯金以外の資産形成法です。

     

    5年前の財政検証を経て、つみたてNISAやiDeCoなど

    税制優遇のある資産形成法がメジャーになりつつあります。

     

    日本の未来に向けて、個人の今ある金融資産を守ることは急務です!

     

     

    ではなぜ、預貯金だけでは資産を守れないのか?

     

    それは、日本の物価上昇率0.9%に対して、預金金利が0.01%、ほぼゼロだからです。

     

    https://www.stat.go.jp/data/cpi/sokuhou/tsuki/index-z.html

     

     

    今年300万円の車、10年後にも同様の車を買いたいな、と計画を立てたとします。

     

    既に手元には300万円あるので、定期預金に入れておきます。

     

    10年後、定期預金が満期を迎えると300円増えて納税し、3,000,240円💦

     

    ディーラーに行くと、300万円の車は328万円になっている。。

     

    ”購買力は低下している”

     

     

    グローバル社会では、まだまだ経済成長しており、物価は上昇し続ける。

     

    私たち日本人の金融資産もその成長に連動させることで

     

    ”購買力を維持できる”

     

     

    中長期的に金融資産の価値を維持していくためには、世界経済への分散投資が必要です!

     

    そしてそのための仕組みもどんどん良くなっているので、チャレンジしてみてくださいね☆

     

     

     

  • フジテレビにコメンテーターとして出演

    作成日2020年01月02日(木)

    こんにちは!

    お金を活かすFP事務所

    ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。

     

    2019年12月17日、夕方のフジテレビ[Live News it]に出演しました。

     

    家計を守る主婦の方達が夕飯を作りながら見る番組。。

     

     

    「家計をみがけ!」ということで、財政検証で話題となっていた

     

    「106万円の壁」について、資料の最終チェックとコメンテーターとしての出演でした。

     

    sachi tv

     

    実際にFP相談を受けていても、日常の会話でも話題になる「女性の働き方」

     

    日本の高度成長期から続く「扶養制度」は、日本経済の発展への足かせになっています。

     

     

    そうは言っても、文化は急には変わらないし、変えることも難しい。。

     

    毎月の家計を考えると、扶養に入っていれば「収入=手取り」。家族手当がある会社も。

     

     

    扶養を抜けると社会保障負担が15%、よって手取りは減ります。

     

    その代わり健康保険や年金制度に加入することになるので、

     

    健康診断が受けられたり、傷病手当がもらえたり、障害・老齢年金が増えます。

     

     

    1人の女性である私も、妻、嫁、母、として20代を過ごし、徐々に社会参加していった経験があります。

     

    結婚、出産、引越し4回、住宅購入、義両親との同居、介護・葬儀、子どもの受験など。

     

    まあまあ、一通りのイベントをしながら社会参加していくわけですから、大騒ぎの日々です(笑)

     

     

     そんな私も当時、扶養問題は大きな課題で、第二子が小学校に上がるタイミングで抜けたかな。

     

    結論でいえば、人生100年もあって子育ては長くて30年、

     

    女性の社会参加は本人の豊かな人生の実現に必要だな、とは思います。

     

     

    答えは一つじゃない、

     

    だからこそ、自分たち家族にとってのライフプランを立て、未来の見通しを持つことって大事です。

     

    キャリアプラン・教育や住宅・介護や老後のライフイベント予算を知り、バランスをとること。

     

    家族の価値観を知ることができるのも、ライフプランを考えることによる成果です!

     

     

    番組では「106万円の壁を超えるのはソンか、トクか」というポイントでしたが 💦

     

    まずは国民が社会保障制度に関心を持ち、自分事として考えていくこと、必要ですね。。

     

     

  • ☆新年、あけましておめでとうございます☆

    作成日2020年01月02日(木)

    こんにちは!

    お金を活かすFP事務所

    ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。

     

    2019年、スタートしてあっという間の一年でした。

     

    多くのご縁と出逢いに支えられ、飛躍の一年を過ごすことができました。

     

    本当にありがとうございました!!

     

     

    昨年6月には新しいFP、終活・相続に強い小田敦子FPが入社し、2人体制に!

     

    20年にわたる税理士事務所・行政書士事務所のでご縁と実務経験を持つ小田FP。

     

    私の強みである若年層の家計改善・住宅資金計画・資産形成などと違った視点で、

     

    一人一人の終活・相続に寄り添うコンサルティングから学ぶことが多い一年でした。

     

    あと、実は急な話で、年末にフジテレビにコメンテーターとして出演しました(笑)

     

     

    2020年、会社は1月6日スタートですが、私は一足先に5日からご相談が入っています!

     

    5日午後ならまだ枠が空いています。お気軽にお問合せ下さい☆

     

     

    今年の支社としての抱負は、メンバーの成長&増加、信頼の強化。

     

    個人としては、既存のお客様へのフォローアップとメッセージ力の強化です。

     

     

    設立から5年目を迎えたタイミング、信頼・安定感をより高めるためにも成長は欠かせません。

     

    ご縁頂いた方が安心してライフプランを歩んでいるのか、更新、修正もしたいです!

     

    そして、政府の財政検証の結果から、FP業の社会的ニーズが高まっている今、

     

    多くの企業との連携で、良質な情報をお届けする機会を増やしていきたいです。

     

     

    早速1月、企業内セミナーやオープンセミナーが予定されています。

     

    企業に対しては、

     

    企業年金を理解し、老後に備える必要性

     

    ライフプランを見据えた住宅資金計画法

     

    住宅購入後の方への家計改善ポイント  をお伝えします。

     

     

    オープンセミナーでは、

     

    家計節約のコツセミナーとして

     

    税制優遇を使った資産形成や家計のムダ・ムラを見分けるポイントなど。

     

     

    講師依頼は直接、メールまたはお電話ください。

     

    講座内容の企画、運営からご相談に乗らせて頂きます!

     

     

    それでは2020年も変わらぬご愛顧を よろしくお願い致します!!

     

     

     

     

     

     

     

  • 浜松市の保育料はどうすればわかりますか?

    作成日2019年10月11日(金)

    こんにちは!
    お金を活かすFP事務所

    ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。

     

    出産、育児、怒涛の日々の中、次は「保活」という大変さ。

     

    4月に保育園入所を希望するご家庭は、

    11月15日~翌2月7日までに申し込みが必要です。

     

    さて復帰を検討しつつ、気になるのは保育料。

     

    予め、概算を抑えておきたいけど、計算の仕方もわからない(-_-;)

     

    そんな皆様に、簡単に試算できる方法をご紹介します!

    市役所に問い合わせてみました!!

     

    子育て情報サイトには

     

    「世帯全体の市町村民税所得割課税額を表に当てはめて決定。」

     

    と記載があります。

     

    FPとしては疑問が残ります。。

     

    というのも、浜松市政令指定都市になったことにより

     

    一般的な市民税6:県民税4という住民税額の割合が、

     

    政令指定都市は市民税8:県民税2になっている。

     

    なのに、保育料決定の表は変わっていない。。。

     

    みんな、保育料が上がっちゃうなーと思ったのです。。

     

     

     

    でもそんなはずはないですよね!

     

    実際の計算は、2018年の所得を元に算出されて住民税が決定されるわけですが、

     

    その2018年の総所得の6%が市民税と計算されるので、一般の市町村と同じでした。

     

    その算出された市民税額を元に保育料が決定されるとのこと。

     

    スッキリ!!

     

     

    手順をまとめると

     

    サラリーマンで住民税を給与天引きしている人が対象ですが、

     

    ①2019年6月に送られてきた

    「給与所得等に係る市民税・県民税額の決定通知書」をご覧ください。

     

    ②真ん中あたりに「課税標準」という枠がありますが、

    その右の「総所得③」という項目をご覧ください。

     

    ③その総所得の6%が市民税です!

     

    ④共働きだった場合には、この総所得×6%を

     

    夫婦合算で保育料表に当てはめて保育料が決定されます。

     

     

    ちなみに、育休復帰のママに朗報です!

     

    育児休暇手当は所得とみなされません!

     

    課税もされなければ、減税徴収票にも載ってこない。

     

    つまりは、1歳児を預けようとした場合、多くの人は育休手当もらってる。

     

    非課税所得なので、実質はご主人の所得+育休以外の奥様の所得で市民税が試算されます。

     

    フルで夫婦共働きの収入よりは、税金が抑えられます!

     

    1歳児・2歳児はまだまだ手もお金も掛かりますね!

     

     

     

    2020年10月~は3歳児以降、保育料無償化になります。

     

    副食代や教材費、園服などは費用が発生しますが、月々だと5000円前後でしょうか。

     

    子育ての費用が掛かり始める保育園入所ですが、大学資金なども見据えて

     

    無償化になったタイミングでは資産形成を加速させていきたいものですね☆

     

     

     

     

     

  • 学資保険って必要ですか?

    作成日2019年09月11日(水)

    こんにちは!
    お金を活かすFP事務所

    ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。

     

    ご出産、おめでとうございます!

    将来をワクワクしながら日々子育て中のことと思います!!

     

    そんな中、子どもの未来に必要なお金をどうやって貯めればいいのかな、

    とネットで検索してこのブログにたどり着いたのかもしれませんね。。

     

    多くのママの悩み、このブログで解決できるかな。。

     

     

    学資保険といえば、祖父母・両親が孫や子どものために、

    という心を込めて加入を検討されることが多いと思います。

     

    想いの詰まった金融商品の一つ。

     

    昭和の時代は高度成長期・高金利、加入と同時に積立利率が決まり

    将来の受取金額が決まる学資保険は、愛情とお金が同時に貯まる保険でした。

     

    我が家でも、今は亡き義母が孫6人のために

    毎月5000円を学資保険として契約してくれています。

     

    既に義母は他界していますが、その思いは義父も同じで、今も年金で払ってくれています。

    娘が産まれた平成14年は既に金利はゼロに近く、昭和のようにお金は増えません。

    でも、想いの詰まった保険の満期が楽しみです^^

     

     

    さて本題の「学資保険は必要ですか?」についてお話を進めます。

    あくまでFP鈴木のスタンスをお伝えしますが「目的は何ですか?」と伺いたいです。

     

    もしお金を増やす目的ならば、

    18年も日本円で金利がゼロに近く固定される学資保険に加入するのは得策ではないかも。

    それなら、普通預金の変動金利や定期積立の方がいいのかもしれません。。

     

    では「教育費を確実に貯めたい」という目的は?

    定期積立などだと、流動性、いつでも引き出して使うことができてしまう。

    通帳を見ると確認できてしまうので、意識の片隅に別財布がある感じ^^

     

    「意思は弱い、願望は強い」

     

    何があっても絶対に貯めておきたい教育費、という優先順位なら

    保険というカタチで鍵をかけてしまうのもいいかもしれませんね。

     

    もちろん「想いをカタチにする」という目的ならその一つの手段。

     

    資産形成をしながら、愛情を育てるのであれば、

    子どもニーサ、つみたてニーサで、世界経済の力を借りていくのもいいですね!

     

     

    子どものお金、がきっかけで資産形成を学び、スタートされる方が多いです。

     

    「貯蓄から投資へ」

     

    まずは、少額からでも、資産形成のスタートを切ってみるのもいいですね!

     

    講座開講します!

    「チャレンジ!つみたてNISA講座」

    2019年11月16日(土)10:00~12:00 弊社事務所にて

     

    「チャレンジ!ふるさと納税講座」

    2019年11月24日(土)10:00~12:00 弊社事務所にて

     

    他にも様々なセミナーを開催していますので、お見逃しなく!

     

    お申し込みは、HPの問い合わせホームに希望講座名、人数、お名前などをご記入ください!

     

     

  • 2019年後半 公開セミナーのご案内

    作成日2019年08月15日(木)

    こんにちは!

    お金を活かすFP事務所

    ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。

     

    今後開催される一般の方向けのセミナー日程をご案内します。

     

    FPママ中心に設立した

     

    「NPO家計を守る会」の活動として生活に密着したお金の勉強会。

     

     

    ①知って得する家計節約のコツセミナー

     

    日程:9月10日(火)/ 9月14日(土) 両日とも10:10~11:40

     

    場所:あいホール 

     

    8月15日現在、両日とも3組の空きがあります。

     

    住宅ローン・保険・通信費の見直しポイントを学んで、

    ストレスフリーの家計を実現しましょう!

     

    お申し込みは、こちらから

     

    お問い合わせフォームに講座名、参加人数と名前をご記入ください。

     

     

     

    次に、浜松市男女参画事業として採択された講座

     

    ②「親子で学ぶ 未来の仕事とライフプラン」

     

    日程:10月19日(土)10:30~12:30 あいホールにて

     

    性別にとらわれないキャリアプランや家事育児参加の重要性を学び、

     

    時代の流れにあったライフプランを親子で考えます。

     

    クイズ、講義、ワークショップと盛りだくさんな内容です!

     

    お申し込みは9月16日より下記にて。

     

    https://sssfp.jp/npokakei

     

     

    そして日程が夏休みですが、若干の空きあり。

     

    ③教えて!幼保無償化とママの働き方選び

     

    日程:9月4日~9月8日(5日程)

    場所:各図書館

     

    詳細についてはこちらにて。

     

     

    10月から始まる幼保無償化。

     

    子育てとママの働き方、

     

    そして教育費の準備方法や世帯収入アップとのバランス

     

    ママは考えることがいっぱいありますよね。

     

    家族のライフプランを考えるいいタイミングです!

     

     

    引き続き、良質な情報をお届けしてまいりますのでお楽しみに☆

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • お客様の声をご紹介 50代ご夫婦

    作成日2019年08月12日(月)

    こんにちは!

    お金を活かすFP事務所

    ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。

     

     

    団塊世代の方のリタイヤが増えています。

     

    今までの選択の積み重ねである金融商品の整理整頓、

     

    何をやめ、何を続け、何を始めるか!?

     

    「資産寿命」と「余命」を考え、家計や資金の流れ確認しておきたいところですね。

     

    ooishi sama

     

     

    団塊世代の方は、高度成長期を経験されています。

     

    当時、なんとなく入った年金保険、今となっては利率のいい「お宝保険」です。

     

    間違って解約しないようにしたいですね。

     

    逆に、子どもが独立したら大きな保障は不要でかも。。

     

    今後は、貯蓄で備えるか、保険で備えるか、検討ポイントです!

     

     

     

     

     

  • お客様の声をご紹介 40歳代夫婦

    作成日2019年08月12日(月)

    こんにちは!

    お金を活かすFP事務所

    ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。

     

    多くの方の家計に携わり、人生に寄り添っています^^

     

    うれしいお言葉を頂けたので、ご紹介いたします。

     

     

    夫婦で話し合うこと数年、あらゆる策を考えつつネットサーフィンをしていたそうです。

     

    そして、弊社のホームページに出逢い、お電話を頂きました。

     

     

     

    kurokawa

     

     

     

     

    家族の課題を解決しようとしたとき、第三者が入った方がスムーズにいくこともあります。

     

    ご相談者の実現したい未来に、今しようとしている選択は適切か?

     

    社会保障や税制、不動産などの情報提供と選択肢の提示により、

     

    ご家族にとって最適な未来設計をして頂けたんだと思います♪

     

    FP冥利に尽きますね!!

  • お盆休みもご相談受付中!

    作成日2019年08月12日(月)

    こんにちは!
    お金を活かすFP事務所

    ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。

     

    もう既に大型連休を満喫している方も多いのではないでしょうか?

    弊社も公では8月10日~15日がお休みなのですが、鈴木は17日~20日でお休みを頂きます。

     

    そのため本日含め、15日まではご相談を承ることができますので、

    この長い休みに家計について相談してみたいな、と思われる方はご一報ください。

  • 浜松市も18歳までこども医療費助成対象に!

    作成日2019年06月20日(木)

    こんにちは!
    お金を活かすFP事務所

    ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。

     

    我が家には高校2年生と1年生がいますが、医療費助成の申請書が届きました!

     

    医療機関の窓口で受給者証を提示すると

    保険診療にかかる自己負担が入院500円/日、通院500円/回になります。

     

    2019年10月1日からの制度適応ということで、あと2年は恩恵に預かれそうです^^

     

    申請書を提出しないと受給者証を受け取れず、助成を受け取れませんので

     

    7月5日までに申請書を窓口へ提出してくださいね☆

     

    ちなみに、返信用の封筒が同封されているのですが、切手を貼らねばなりません。

     

     

    あと浜松市外の医療機関にかかった場合には受給者証を使用できませんのでご注意を!

     

    あとから払い戻しの手続きが必要になります!!

     

     

    ここからは余談です。

     

    2002年8月生まれの長女が1年生のなった時、医療費助成が無くなりました。

     

    そして翌年に復活、2004年3月生まれの長男は最初から該当していました。

     

     

    長女が大学受験をするのは2020年、来年です。

     

    センター試験が無くなり、全国共通テストに替わります。

     

    二人を妊娠した時には、妊婦検診に毎回5000円~8000円掛かっていました。

     

    今は、出産育児への配慮が進み、子育てしやすくなったな、と感じています。

     

    教育制度、方針、国家予算の配分など、

    時代の変化を目の当たりにしながらFP相談に活かす日々です^^

     

     

     

     

     

  • 浜名湖フェスタin イオン志都呂 参加報告

    作成日2019年06月20日(木)

    こんにちは!

    お金を活かすFP事務所

    ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。

     

    6月15日、16日の2日間、イオン志都呂にて住宅ローン相談会を行いました。

    遠州信用金庫さん主催ということで、16日は「今どきの住宅ローン事情」と題してセミナーに登壇。

     

    事前告知すべきところ、事後報告となってしまいました(-_-;)

     

    イオンさんやえんしんさんによりイベント告知がされていたおかげで、

     

    具体的な返済表をお持ちになってご相談される方、

    セミナー開催後に具体的な相談をするためにブースに来る方がいらっしゃいました。

     

    また、建築会社さんや物販などなど

    多くの関連企業様の出店がありご縁がつながったのもうれしいことです。

     

    16日には、住宅支援機構の方も同席され、バブルのころから金融にかかわっている方だったため、

    質問攻めにも丁寧に答えていただき、勉強させていただくこともできました!!

     

    私の隣には、来年入社予定で現在は別会社で研修中の武田さん。

    いつもは一人の仕事が多いので、この2日間はいろんな方との関わりがある楽しい時間でした☆

     

    ion unagi KIMG0001.jpg ion unagi

  • 奨学金セミナー報告

    作成日2019年06月20日(木)

    こんにちは!
    お金を活かすFP事務所

    ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。

     

    6月より新しい仲間が増えました!

    小田敦子さんは、税理士事務所や行政書士事務所で勤務。

    勤務中にFPの資格を取得、良質な情報をより多くの方に伝えたいという思いから、

    前職でも様々なセミナー開催をされてきた方です。

     

    そんな彼女が、弊社にジョインして初のセミナーを開催しました。

    自分がいいと思うものやサービスを多くの方に届けたい、という彼女の想いを実現するセミナー。

     

    なぜなら、プロ家庭教師の坪井先生は、彼女のお子様の家庭教師でもあるからです!

     

    シンプルな指導方針と戦略的な受験対策、そして給付型奨学金について。

     

    指導方針は、地味で当たり前のことをコツコツと!

    継続は力なり!といった内容で、早速取り組める内容でした!

     

    セミナー終了後には、15分の個別相談を設定し、ほとんどのママが真剣に相談をしていました☆

     

    syougakukin4syougakukin4

     

     

    第2部として、小田FPが教育費をねん出する家計改善法について紹介。

     

    簡易的なライフプランソフトを活用してシミュレーションを実演。

     

    更には、家計改善のコツをわかりやすく紹介していました。

    こちらの個別相談も好評でした!!

     

    syougakukin2syougakukin2

     

     

    今後も良質な情報を皆様に届けるべく活動を続けていきます☆

     

    こんなセミナーやってほしい、といったご要望も承っていますので、

    お気軽にお問い合わせくださいね☆

     

     

    ちなみに、このご縁をきっかけに

    私の高校2年生になる長女の家庭教師をお願いすることにしました!!

     

    学校行事、勉強、部活の3立に挑戦中の娘にとって、

    力強い応援団になってくれることは間違えないと確信しています☆

  • 老後までに2000万円貯蓄が必要って本当??

    作成日2019年06月05日(水)

    こんにちは!
    お金を活かすFP事務所

    ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です!

     

    6月4日金融庁の金融審議会が人生100年時代の年金試算を発表。

     

    人生100年時代でも実現可能な年金制度だったはずなのですが、、

     

     

     

    65歳で退職し年金収入のみで生活をした場合、毎年60万円の赤字。

     

    夫65歳・妻60歳以上夫婦の年金収入の平均が月収21万円、支出は26万円。

     

    どちらかが30年以上生きられたとして2000万円は不足するとのこと。

     

    少子高齢化による公的年金制度の限界を政府が認めるカタチとなりました。

     

     

    少子高齢化で年金の給付水準は今後も調整されていきます。

     

    5年前の財政検証で示された

    現在の*所得代替率は、現役生代の平均手取り額に対して6割ほど。

     

    それが2050年頃には5割前後。最低水準だと4割になります。

     

     

    平均的な年収520万円(手取り418万円)のサラリーマンと専業主婦のご家庭の場合。

     

    現在は手取りの6割で年金収入250万円、手取りだと210万円位かな。

     

    月手取り175,000円で生活するのが、現在のシニア世代です。

     

     

    年金と同時に老後の生活費に欠かせない退職金。

     

    ピークのころから3-4割減っているのが現状で、今後も減少傾向とのこと。

     

     

    さてこの現状を踏まえ、金融庁の金融審議会は

    現役期、リタイア期、高齢期の資産運用、管理の心構えについても言及しています。

     

     

    FPの得意分野、パーソナルファイナンスを考える時代がやってきました^^

     

    社会情勢や社会保障、税制などを総合的に捉え

    個人のライフデザイン、イベントに合わせた経済分野での実行プランを提供する。

     

    現役世代は「資産形成」の時期。

     

    つみたてニーサNISAやiDeCo(イデコ)など、

    税制優遇することで国民に「貯蓄から投資へ」と促しています。

     

    つみたてニーサは20年間の運用益非課税

     

    iDeCoはより本格的で、掛金・運用益共に非課税です。

     

     

    お気をつけ頂きたいのは老後不安をあおった投資ばなし。

    上記2つの制度だけでも、年間67.6万円を非課税で運用できます。

     

     資産形成は地味な作業で、長期保有・分散投資が基本です!

     

    つみたてニーサやiDeCoCoは、手数料や信託報酬などが抑えられた

     

    長期投資に向いている商品が厳選されており

     

    投資初心者にとって、安心して世界分散投資を始めることができます。

     

     

    金融庁が認可していない金融商品で「あなただから特別に・・。」

     

    というお話はギャンブルにすぎませんね。。

     

     

    リタイヤ世代にとっては、今あるお金をどう活用していくか?が大事です。

     

    もちろん、まだまだ働ける方も多いですから、健康のためにもオススメです。

     

    「資産寿命」とご自身の寿命を想定しつつ、終活準備もしていきたいところです。

     

    FPにとっては、総合的なコンサルティングとなり、成果が出やすい世代です^^

     

     

    高齢期には、認知症や介護、相続といった備えを考えます。

     

    実際には、体が弱ってくると考えることも大変。

     

    お子様が独立、結婚など落ち着てきたら、考えていきたいですね!

     

     

    実際には、老後の住まいや暮らし方、家族関係によって十人十色。

     

    我が家のパーソナルファイナンス、については個別にご相談くださいね!

     

     

    最後に!!

     

    お金の備えも大事ですが、それ以上に「健康であること」が大事です!

     

    さらには幸せな人間関係に恵まれていることも、大事な要素^^

     

     

    健康で愛に満たされた毎日と暮らしに必要な蓄えがあれば、幸せな老後を送れそうですね☆

     

     

     

     

     

  • 【6/8(土)セミナー】返済不要!奨学金のはなし

    作成日2019年04月16日(火)

    こんにちは!
    お金を活かすFP事務所

    ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。

     

    新年度が始まりましたね!

    今年の桜は長持ちしてくれて、入学式を華やかに演出してくれました。

     

    我が家も無事に入学式を迎え、ホッとしたのはつかの間。

    学校の環境に慣れるまでは余談を許さず、まだまだ支援が必要です(笑)

     

    さて生活の支援もさることながら、2年後には大学進学が2連チャン!!

    進学するかは別として、親としてはいよいよ来たか!と気を引き締め始めています。

    そしてFPとしての情報収集にも力が入ります!

     

    そんな中、友人のFPがセミナーを開催します!

     

    その名も

    「かしこい教育費の準備講座」~返済不要!奨学金のはなし~

     

    それも現役プロ家庭教師の坪井先生と一緒に開催します!

     

    坪井先生は、公的な場でも奨学金の活用法や教育支援に関して講和をされている方。

    リアルな情報が次から次に展開されるセミナーになりそうです!

     

    そして、後半では小田敦子FPが、「家計改善のポイント」をレクチャーしてくれます。

    私はセミナー後の個別相談に登場!!

     

    教育相談とマネー相談、専門家3名によるコラボセミナーです!

     

    奨学金セミナーチラシ

     

    お誘いあわせの上、お気軽にお越しくださいね~♪

     

    お申し込みはこちらまで!!

  • 私立高校の授業料も支援金はありますか?

    作成日2019年04月04日(木)

    こんにちは!
    お金を活かすFP事務所

    ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です!

     

    私事ですが、我が家は2018,2019年連続で高校受験生が居ます。

     

    ありがたいことに、長女の受験の際は本人の意識が高かったおかげで、

    進路に関するサポートをほぼ必要とせず、自分でさっさと決めてくれてました。

     

    今年は長男のサポートをしたおかげで、浜松の高校に詳しくなりました☆

     

    そんな中、私立高校の資料に目を通していましたら、見つけました!

     私立高校の就学支援金の詳細について、こちらです。

     

    国公立私立ともに、概ね年収910万円以下の世帯には月9900円

    そして、国立私立では、年収に応じた(正確には所得額)奨学金が準備されます。

     

    更には、母子家庭や生活保護家庭など、支援が必要な世帯には実質的には、授業料減免。

    修学旅行や諸経費の積立金月1.5万円の負担で、私立高校に進学させることもできるようです。

     

    支援が無い場合、私立高校は初年度100万円位、

    入学金やら制服、教科書、自転車などなどお金がひらひら飛んでいきます(笑)

    次年度以降60万円×2年位です。

     

    教育費負担の有無に関係なく、子どもたちには意欲的に学び、

    自分の幸せに責任をもてる人財に育ってもらいたいものです^^

     

    それにしても、支援金や奨学金、更には授業料免除など、制度は複雑です。。

    そして毎年のように制度や、予算が変わったりしています。

     

    大学進学についても、

     「意欲、意志のある学生が、家庭環境に関係なく、高等教育が受けられる」

    といった制度が今後、充実してきそうです。

     

    教育への投資は、投資効果が高い!

     

    ただし、

     

    お金があれば、制度があればいいのか?

     

    という問いが生まれてきたりします。

     

    税金を投じて整えられる制度です。

     

    働く大人の納税意識、教育の質の向上など、

    家庭や教育現場での意識改革も同時に必要だな、と思う今日この頃です^^

     

    年収、所得に応じた税負担や社会保障制度、どんどん複雑になってきてます。

     

    先日も、配偶者所得控除や特別控除、

    社会保険の扶養範囲などの絡みについて相談がありました。

     

    ご相談者は、ご主人の年収や会社の健康保険組合、各種手当など

    配慮するべき点が多いことに唖然としてました。

     

    労働者不足が叫ばれる昨今、

    働かない理由となってしまいそうな制度でもあるので気持ちも複雑でした。。

     

    国の運営って大変ですね(-_-;)

     

    雑談が混じってしまいましたが、

    公立と私立の進学を経験させてくれた子どもたちに感謝。

     

    今後のコンサルティングでは、

    よりリアルなアドバイスができるようになったな、と思いました^^

     

  • 消費増税 家の購入はいつがいい??

    作成日2019年02月19日(火)

    こんにちは!
    お金を活かすFP事務所

    ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。

     

    消費増税を前に、住宅市場が活性化?しているようです。

     

    お客様からの未来設計サポートの依頼も急に増えてきましたし、

    企業さまからのセミナー依頼も増加中。。

     

    「ライフプランやマネープランは、ファイナンシャルプランナーに相談する」

    という文化が根付き始めたのか、HPからの問合せが増えてうれしいです☆

     

    そこで消費増税前後の住宅購入について、方向性をアドバイス☆

     

    本来のライフイベントは家族ペースで順を追った実現が基本です。

     

    消費増税や支援策などは外部要因であって「きっかけ」にはいいですが、

    決断に必要な条件が揃う前に焦ることは禁物ですね!

     

    その条件の一つに、家族の未来のライフイベント

    マネープランに真剣に向き合う、という時間。

     

    当社では、そんな貴重な時間を過ごして頂けるプランをご用意しています。

    2時間×2面談、家族の未来を考えるためにお越し下さいね!

     

    最近導入したPCモニター

    今まで以上に、キャッシュフローのシミュレーションが見やすくなりました!

     

    限られた収入を何に使っていくのか?ご夫婦にとってのお金の優先順位は?

     

    お金の使い道は価値観によってバラバラだな、っていつも思います^^

    正解を示すのではなく、正解を一緒に導き出せるように心掛けています!

     

    tv office

     

    2月~4月、本社からの仕事も合わせると6本のセミナーがあります。。

     

    ただいま資料作りの真っ最中!!

     

    頭が膿んでしまいそうです(笑)

     

    でも、わかりづらいお金の話を

    分かりやすく伝えられた時に喜びをイメージして頑張ります☆

     

    ご興味がある内容がありましたら、お越しくださいね~。

    tirashi