メニュー

個人型 - ギフトユアライフ浜松(FP相談)|住宅購入・保険の見直し・資産運用・老後の計画

0120-545-822 携帯電話の方 053-545-9822 お電話受付時間 9:00~18:00 0120-545-822携帯電話の方 053-545-9822 プライバシーポリシー
無料メールマガジン メールでのお問い合わせ
プライバシーポリシー

ギフトユアライフ浜松

0120-545-822 携帯電話の方 053-545-9822 お電話受付時間 9:00~18:00

無料メールマガジン メールでのお問い合わせ

読むだけで家計の悩みが
スッキリするブログ

  • iDeCo(イデコ)活用法セミナー開催報告

    作成日2017年10月03日(火)

    こんにちは!

    お金を活かすFP事務所

    ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。

     

    10月1日、第二回iDeCo(イデコ)活用法セミナーを開催しました。

    満員御礼での開催、更には2回目ということもあり気合入ってました!

     

    ideco201710012

     

    そして前回に比べて格段に良く、受講された方には満足頂けたようです♪

    自分でいうのもなんですが(笑)

     

    セミナー後の質問が多かった前回を教訓に、

    会場を3時間借りたのも功を奏しましたね!

     

    別日で個別相談を承り、実行までしっかりとサポートしています!

     

    第三回はあと5人くらい受け付けられるということですので、

    お誘い合わせの上、お申込みくださいね!

     

    ideco201710012

  • iDecoってなんですか?

    作成日2017年05月22日(月)
    こんにちは!
    浜松でお金を活かすFP事務所
    ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です!
     
    すっかりご無沙汰しておりましたが、
     
    遊んでいたわけもなく、
     
    色々と情報収集をしながら
     
    日々の相談業務をさせて頂いています。
     
     
    今回は最近話題の
     
    iDeCo(イデコ)
    個人型 確定拠出年金
     
    という制度についてご紹介します!
     
    このキーワードをネット検索すると
     
    「節税」のお話がいっぱい出てきます!
     
    もちろん節税できます!
     
    所得税・住民税を払っている人なら、
     
    1.その税金がキャッシュバックされる制度。
     
    老後のために毎月1万円、定期積みたてを始めると、、、
    お礼に「ポケットティッシュ」がもらえます。
     
    この積み立てをiDecoの制度を利用して、定期積立をすると、、、
    お礼に、最低でも「毎年18000円」がキャッシュバックされます。
     
    毎年ですから、30歳~60歳の30年積みたて18000円×30年=54万円がキャッシュバック
    税金を払っていれば、税金が還付される。年末調整でお小遣いが増える!
    2.利益が出ても税金を納めなくていい制度。
    これは所得税・住民税を払っていなくても大丈夫。
     
    今の定期積立なんて金利が0.01%くらいなものですが、
    例えば20年後の240万円貯まった時、
    やっともらえた「240円」税金を20%ちょっと納めます。
     
    約50円。利益は190円。
     
    iDeco制度を活用すると、「240円」全額利益です。
    大したことはないですが、、、。
     
    なので、iDeco制度では、
    定期積立以外にも、様々な運用商品があります!
     
    3.受取る時も税金が掛かりません。
     
    60歳までしか積みたてられないのですが、
    受取るのは70歳までの好きな時。
     
    まとめて受け取ってもいいし、
    年金みたいに受け取ってもいい。
    退職金とか、公的年金と同じ扱いの課税なため、
     
    一定金額までは税金が掛かりません。
     
    入り口から出口までオトクな制度ですね!
     
     
    でもでもちょっと考えたいことが、、。
     
    なんで、こんなに税金をお得にしてまで
    老後のための準備を個人がしなくちゃいけないの???
    団塊世代と云われた現在の65歳前後の方は、
    年間260万人産まれていました。
     
    現在は年間100万人。
     
    稼ぐ人が減り、年金をもらう人が増えていく日本の未来。
     
    年金保険料はお年寄りへの「仕送り」です。
     
    これからは、「若い自分」が「年をとった自分」に「仕送り」をしてあげる。
     
    そんな時代がもう来ているということを、頭に入れておく必要がありますね!
     
    やらなくてはいけない制度。
     
    でも、それだけでは誰もやらないから、
     
    節税というカタチで国民の自助努力を応援している。
     
    積立できる金額は、働き方によって違います。
     
    積みたてたお金は60歳まで引き出せません。
     
    所定の口座管理費が掛かります。
     
    でも、節税効果はどんな商品よりも高いです!
     
    iDecoを利用して、老後の準備を始めましょう!
     
    ご質問は弊社まで。
     
    年金制度を周知している、
    DCプランナー(企業年金総合プランナー)
    DCコンシェルジェの資格を持つ
     
    鈴木が、ご相談に乗らせて頂きます。
     
    まずは初回30分、無料です^-^
     
    お気軽に~
     
  • 個人事業主におすすめの年金は?Part1

    作成日2016年10月10日(月)
    こんにちは!
    浜松市でお金を活かすFP事務所
    ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です!
     
    さて早速ですが、
    個人事業主の方は、ご存知の通りサラリーマンが加入している厚生年金には加入できません。
     
    厚生年金に加入している場合には、本人と会社が折半で保険料を負担しています。
     
    厚生年金保険料を払っていれば、同時に国民年金にも支払っていることになっています。
     
    厚生年金は国民年金の上乗せ年金として、老後資金に回っています。
     
     
    ちなみに、厚生年金のモデルケースとして、夫が40年間、平均月収42.8万円(賞与含む)
     
    妻はその期間専業主婦か扶養内での働き方、平成27年度に年金を受け取り始める場合、
     
    夫婦2人分の老齢基礎年金を含む標準的な年金額として22万1507円。
    (出典:厚生労働省年金局「平成26年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」)
     
     
    現在、国民年金を40年間払った方が満額もらえる老齢基礎年金額は約78万円、月額6.5万円。
     
    概ね1年納めると2万円の年金が増える計算になります。(10年以上の納付が条件です)
     
    65歳からもらえるわけですが、現役時代の生活を維持できるでしょうか?
     
     
    夫婦でもらっても、月額13万円。ここから介護保険や国民健康保険は支払い続けます。
     
    水光熱・通信費・車の維持費なども生活に必要なインフラです。
     
     
    そこで、国としても個人事業主の方には様々な税制優遇をしながら、
    個人事業主の方の老後資金の確保を勧めています。個人事業主は自己責任で人生を歩める方ばかり。
     
    ちなみに税制優遇とは、経費扱いしてくれるってことです。(所得控除される・課税されない)
     
     
     
    さて本題です!
     
    個人事業主が選べる年金の中で、まずは押さえておきたい年金制度は・・
     
    ①付加年金
     
    月額約16,000円の国民年金保険料に、400円を付加して納付する制度です。
     
    65歳になると、老齢基礎年金の約78万円に付加年金額が加算されて支給されます。
     
    付加年金=200円×付加保険料納付月数
     
    例えば、30歳で独立した個人事業主が60歳まで付加年金をかけた場合は
     
    付加年金=200円×30年(360ケ月)=72,000円
     
    つまり、老齢基礎年金と付加年金の合計額は約85.2万円となるのです。
     
    先ほどご紹介した基礎年金は、1年払って、、つまり
     
    月額約16000円×12か月=192,000円払って、年金額が2万円増える。
     
    それに比べると
    付加年金は、400円×12か月=4800円払って、年金額が2400円増える。
     
    安易な表現であはありますが、、、
     
    基礎年金は9年半、付加年金部分は2年でモトが取れます!
      
    公的な年金機構のHPに、「モトが取れる」って書いてあってびっくりです(笑)
     
     
    さて、以下はわかりやすい順番で・・
     
    ②国民年金基金
     
    本格的な年金制度として平成に入ってから徐々に制度化され、平成3年に国民年基金連合会が設立。
     
    加入の年齢や、選べる年金額などは、こちらで。
     
    掛金は、経費扱い(所得控除・非課税)です。
     
    注意点としては、①付加年金と同時に加入はできません。
     
     
     ちょっと長くなりそうなので、続きは次回に(^^♪
     
  • 確定拠出年金って節税できるんですか?

    作成日2016年08月08日(月)

     こんにちは!

    浜松市でお金を活かす 会員制 FP事務所

    ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です!

     

    今回は、老後資金の準備に最適な国の制度

    確定拠出年金についてご紹介します。

     

    確定拠出年金には大きく2つのカタチがあります。

     

    会社が主導となって、退職金や年金準備の仕組みを用意してくれる

     

    「企業型確定拠出年金」(選択制確定拠出年金も含む)

     

    個人で活用する「個人型確定拠出年金」

     

    今回は、2017年1月より制度の対象者が拡充されることが決まり、

    ほぼすべての日本人が加入できるようになる「個人型確定拠出年金」を中心に、お伝えしていきます。

     

     

    ところで、確定拠出年金でなぜ節税できるのか?

    私の考えですが、国が制度をお勧めする方法として、減税が効果的だからだと思います。

     

    税金の仕組みを変えることで、未来に向けての国の姿勢を読み取ることができます。

     

    例えば、住宅ローン減税。これをきっかけに家を建てる方も居るのではないでしょうか?

     

    家を建てる人に対して10年間、最大400万円の税金を返してくれます。

     

    住宅は多くの企業が関わって建てられています。

     

    経済効果を考えると、景気対策に適しているんだと思います。

     

    ちなみに「減税」は「税金の割引」ですから、

    今の段階で税金を納めていない人は「割引」もないです。

    そして、減税は「所得控除」や「税額控除」というカタチで行われます。

     

    「控除」聞きなれない言葉かもしれませんが、

    国が「生活に必要だよね!」ということで、 売上や給料から

    「引き算していいよ」と必要経費として認めてくれているお金のことです。

     

     

    「所得控除」は、売上や給料から引き算していい必要経費、

     

    「税額控除」は、納める税金から引き算していい必要経費。

     

    確定拠出年金のメリット

     

    ①確定拠出年金の掛け金は、

    この「所得控除」の対象となるので節税できる、ということになります。

     

    ちなみに住宅ローン減税は、税金そのものが返ってくる「税額控除」です。

     

    所得控除には基礎控除、給与所得控除、課税所得はそれぞれ違います。

     

    サラリーマンが課税所得を知るには、

    年末の源泉徴収票の「所得控除後の金額」の欄に書いてあります。

     

    年収-所得控除(10種類以上)=課税所得(利益とみなされるのも)

    基本的に税金は、利益にしか課税されません。

     

    所得控除をわかりやすく言うと・・

    年金や健康保険は必要よね!(社会保険料控除)

    サラリーマンするのにも必要な経費あるよね!(給与所得控除)

    奥さんや学生を養うお金も必要よね!(扶養控除)

    寄付してくれてありがとう!(寄付金控除:ふるさと納税とかは、これ!)など。

    そして・・

    自分達で老後の準備をしてちょうだいね!(小規模企業共済等掛金控除)

     

    この項目に、個人型確定拠出年金の一定額までが入ります!

     

    割引額おおきいですよー!!setsuzei

     

    ②運用益が非課税  

    運用によって生じた利益は非課税(利息・配当・分配金・売却益)

     

    ③受取るときにも節税できる。  

    年金受取りは「公的年金等控除」。

    一時金受取りは「退職所得控除」

     

    節税しながら将来の生活資金を準備できる仕組み。

     

    まずは知るところから!

     

    そして、まずは口座の開設など一歩踏み出してみましょう!

     

  • 世界分散投資って必要ですか?

    作成日2016年07月30日(土)
    こんにちは!
    浜松市でお金を活かす会員制FP事務所
    ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。
     
    今回は世界分散投資、についてです。
     
    投資先は、「経済」「国」「その他の不動産や現物取引」
     
    「経済」っていうと
    会社の成長によって価値が上がる「株式」のこと。
     
     「国」っていうと
    国の成長によって利回りが向上する「債券」のこと。
     
     「その他の不動産や現物取引」は、その名の通り。
     
    ところで、
    「債券」って国の借金、響きがちょっと怖いですか?
     
    説明しますね!国が
    「将来2%増やして返すから、お金貸して!」
    って約束をして債券を発行する。
     
    建設国債だとすると、 
     
    道路を作る→工場やお店ができる。(会社)
    →便利になって人が住む→お金を使う
    →会社が発展する。→税収が上がる
    →期日に元本にお礼の2%を乗せて、貸してくれた人に返す。
     
    貸した人にとっては、
    「お金が増えた、貸してあげて良かったぁ」となる。
     
    リスクとしては、発行元の国の財政が安定しているか?
    「返せないよー」とか
    「返せるけど通貨の価値が半分になってる」とか。
     
    この状態をデフォルト(債務不履行)と言いますが、
     
    最近だと、ギリシャは恒常的にデフォルト状態。
    最も回数が多いのはアルゼンチンやベネズエラ。
     
    オリンピック会場のリオがあるブラジルも
    1990年に人類史上最大のデフォルトを起こしている。
     
    ちなみに日本はデフォルトしたことないの??
    「あります!」
    第二次世界大戦後に、
    戦時中に発行された国債は紙切れ同然です。
     
    旧日本円から新日本円に切り替えられ、預金封鎖(;´・ω・)
     
    さて、本題に戻ります!!
     
    第二次世界大戦後だけでも、
    数十か国に及ぶデフォルト経験国。
     
    経済も立ち行かなくなっています。
     
    でも世界経済の動向でいえることは?
     
    急に自然災害が起きたり、
    国のリーダーが変わったり、
    テロが起きたり、国同士で仲間割れしたり、
    いろーーんな不確実なことが起きても、
     
    お金は世界を回っている。
    世界の人口は増えている!!
      
    日本は人口減っている!!
    借金は増えている!!
    (ほとんど政府が国民に借りている)。
     
    人口が減れば経済発展はしづらい。
     
    先行きの見えない今だからこそ!
    世界に分散投資しておくことをお勧めします!
     
     ではでは・・
    分散投資をするって言っても、どうやって??
     
    それが気軽にできるのが投資信託の仕組みです。
     
    みんなからお金を集めて、
    まとまったお金で投資の専門家が
    いろんな会社や国にお金を分散してくれる。
     
    専門家がいなくても、各国の経済を表す指標、
    例えば日本でいえばTOPIXとか、
    日経平均株価と同じ内容に投資することもできる。
    今はロボットや人工知能がやってくれたりする。
     
    アメリカでいえば、S&P500。
     
    世界で最も裕福な投資家ウォーレン・バフェット氏が、
    妻への遺言でS&P500に連動する投資信託だけ買えばいい、
     
    と伝えたことは有名です。
     
    大事なお金を、日本の経済発展や国の発展にすべてを掛けて、
    日本円しか持たない、という事がリスクかもしれない。
     
    投資信託の本を一冊買ってみるのもいいですね!!
    もちろん弊社にご相談頂くことも可能です^-^
  • マイナス金利の今、どこにお金を置いておけばいいですか?

    作成日2016年07月28日(木)
    こんにちは!
    浜松市でお金を活かす会員制FP事務所
    ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。
     
    ズバリ!!
    全世界に置いておくこと!!
     
    みなさんが食べたり飲んだり使っているもの
    日本で作られているものってどのくらいありますか?
     
    日本はアメリカ、中国、EUに次いで、
    世界4位の「貿易立国」
     
    2015年の貿易総額は約155兆円、
    日本の国家予算(約100兆)の1.5倍くらいあります。
     
    2011年までは貿易黒字ということで、
    輸入より輸出の方が多かったのですが、
    最近は輸入の方が少し多いです。
     
    様々な国との貿易をしている。
    日本国内だけで生活が成り立っていない。
     
    いろんな通貨(米ドルが多い)で輸出入をしているんです。
     
    私たちが輸入品を買うと、
    巡り巡ってそれを作った外国の会社にお金は届きます。
     
    つまり、その会社の売上に貢献しているってこと。
     
    もしその会社が、アメリカにあったとしたら、 
    →売上から法人税が国に払われ、税収が上がる。経済発展。
     
    →経済が発展すると、働く人も欲しいので
     移民者が働く場所を求めてアメリカに集まる。
     
    →人はより良く生きたい、という欲がある。
     人口が増えると、お給料を使う人が増え経済は発展する。
     
    →結果的に会社は成長し、
     納税額も増え、国の力が強くなる!
     
    →会社が成長するってことは、株価も上がる。
     
    どれがどの順番でもいいけど、輸入品を買うってことは、
    外国の会社や経済、国力を成長させているってこと。
    逆に言うと、輸出している国は、
    外国から利益をもらっているってこと。
      
    輸入することで諸外国の会社の成長に貢献しているのであれば、
     
    その会社の成長や、国の成長に任せて、
    今すぐ使わないお金をその国に置いておくのはいかがでしょう?
     
    日本円だけを持っているということは、
    日本の経済や国の成長にだけ期待をし、
    任せているってことになります。
     
    次回は、世界分散投資についてご紹介しますね!