メニュー

補助金 - ギフトユアライフ浜松(FP相談)|住宅購入・保険の見直し・資産運用・老後の計画

0120-545-822 携帯電話の方 053-545-9822 お電話受付時間 9:00~18:00 0120-545-822携帯電話の方 053-545-9822 プライバシーポリシー
無料メールマガジン メールでのお問い合わせ
プライバシーポリシー

ギフトユアライフ浜松

0120-545-822 携帯電話の方 053-545-9822 お電話受付時間 9:00~18:00

無料メールマガジン メールでのお問い合わせ

読むだけで家計の悩みが
スッキリするブログ

  • 住宅を買うと税金が戻ってくるんですか?

    作成日2016年08月31日(水)
    こんにちは!
    浜松市でおかねを活かす FP事務所
    ギフトユアライフ浜松の 鈴木幸子です。
     
    住宅ローン減税についてできるだけわかりやすくまとます!
     
    ○2019年6月までに購入した住宅に住み始めること。
    ○申請から10年間が減税対象
    ○住み始めた年末ローン残高の1%が、減税してもらえる可能性がある!!
     上限4000万円(認定住宅は5000万円まで)
     
    減税の可能性!?
    ちょっとドッキリしますよね。可能性ということは、減税されない事もあるの?
     
    実は「減税」ですので、そもそも税金を払っていないとしたら、減らせない!ってことなんです。
    ではでは、どんな税金が対象になるのか見てみましょう。
     
    ☆まずは、その年に払った所得税。
     
    所得税の払い方ってどうなってるの?
    特にサラリーマンの方は疑問を持つかもしれませんね!
     
    所得税は前払い。簡単なイメージをお伝えすると、
     
    「今月のお給料は○○円、ということは1年で○○○円位の収入がありそうだなぁ、、
     それを見込んで、一旦○○円の所得税を払っておいてもらおう!!」
     
    そして11月頃になると、年末調整の為の書類が会社から渡されます。
     
    名前の通りですが、
    年末に控除(お給料から引ける経費)とか、納税額とかを調整する作業があります。
     
    この時、既に払った所得税を上限に調整され、戻ってくるのです(還付金)。
    「もらい過ぎたら返します!」ってことですね!
     
    サラリーマンでも、入居の年だけは翌年の2月頃に確定申告が必要ですが
    それ以降9年間は、会社の年末調整に所定の申請書を提出すれば、12月に戻ってきます。
    プチボーナス感覚ですね!
     
    一つ注意点!!
    初めて申請する時に、10年分の申請書が送られてきます。
    ちゃんと保管し、1枚ずつ使いましょうね!
     
    ここでまた疑問、
    では減税されるはずの金額が35万円なのに、
    所得税は20万円しか払ってない場合は、どうなるのでしょう??
     
    15万円も損しちゃう!?お金持ちが得する政策なの!?
     
    答えは、NO!
     
    ☆住民税の減税
     
    翌年の住民税が前年課税所得×7%か13.65万円のどちらか少ない額、が減税されます。
     
    住民税は、後払い。
     
    今年の年末調整や確定申告で決まった所得に対して課税され
    6月頃に納付書が届くか、6月~翌5月まで按分されて給与から引落されます。
     
    「なんか最近、給料の手取りが増えたかも・・」
    毎月最大約1.1万円、住民税が減っているかもしれませんね!
     
    gennzei
     
    最終的には、
    所得税と住民税の合計額か、年末残高の1%、
     
    どちらか少ない方が、戻ってくる&払わなくていいということになります。
     
    せっかく戻ってきても、気が付いたら無くなっていた!
    なんてことにならないように、計画的な活用をしていきたいものですね!
  • 住宅ローンの金利、選ぶポイントは??・3・

    作成日2016年07月26日(火)
    こんにちは!
    浜松市でお金を活かす会員制FP事務所
    ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。
     
    さて前回の続きです。
    ポイント1・2でもなお心配な方は・・。
     
    ポイント3.変動金利、固定金利の金額差
         (安心料)を試算し、家計へのダメージを予想しよう!
     
    住宅ローンを組む前に、ライフプランをたてましょう。
     
    ○将来の夢や希望を、いつごろ、どのように実現したいか?
     書き出してみましょう!
     
    ○それを叶えるためのお金は準備できるのか、
     
     将来の家計の収支を「見える化」する
     キャッシュフロー表を作りましょう!
     
    変動金利がいつ頃、どのくらい上昇したら、
    家計がつらくなるのか?試算してみましょう。
     
    住宅ローンはずっと払い続ける固定費です。
     
    他にも固定費がありますよね。
    通信費や生命保険料などです。
     
    こういった固定費全般を見直すきっかけに、
    住宅ローンの試算をしてみるのもいいですね!
     
     
    最後に、全国的な金利タイプ別利用実態のデータをご紹介します。
     
    独立行政法人住宅金融支援機構
    「民間住宅ローン利用者の実態調査2015年9月~10月」発表
     
    変動金利51.2%、
    固定期間選択型20.7%、
    全期間固定28.1%となっています。
     
    (10月以降は金利タイプによる調査を廃止しています)
     
    固定期間選択制とは、
    借入期間の最初に2年~20年、
    といった一定期間金利が固定されている金利タイプです。
     
    つまり、2年~20年経った後、
    その時の社会情勢や金利水準に合わせて、再設定されるのです。
     
    「安心料」を払ったつもりなのに、途中で金利が変わるんです。
     
    最初だけ固定金利、これって変動金利だと思いませんか?
     
    ということで、先ほどのデータは、変動金利71.9%、全期間固定28.1%。
     
    このミックス型を、固定金利と勘違いして選んでしまうことは避けたいところです。
  • 住宅ローンの金利、選ぶポイントは??1・2

    作成日2016年07月26日(火)
    こんにちは!
    浜松市でお金を活かす会員制FP事務所
    ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。
     
    住宅ローンを考えるとき、必ずと言っていいほど気になる金利のタイプ。
    今回は、その選び方のポイントを解説します♪
     
    ポイント1.リスクの所在を確認しよう!
     
    変動金利は、金利変動のリスクを借りている人が取る。
     
    固定金利は、貸している側(銀行)がリスクを取る。
    どういうことでしょう??では、
    将来、貸付金利が上がったらどうなるでしょう??
     
    変動金利は、そのまま貸付金利に上乗せして、
    借りている人が払います。→ローンの支払金額が増えます。
     
    固定金利は、銀行側がその上乗せ部分を払います。
    →ローンの支払金額はそのままです。
     
    なので通常は、変動金利よりも固定金利の方が、金利はちょっと高いです。
     
    固定金利の方がちょっと高い、その差は、
    「将来、金利が上がった時に払わなくていいよ」
    という”安心料”ともいえるかもしれませんね!!
     
    ではでは、
    将来、貸付金利が下がる、
    そのままだった場合はどうでしょう??
     
    固定金利のちょっと高い部分は、
    払い終えてしまえば「もったいないね」
    「安心料だから」ってなりそうですね!
     
     
    ポイント2.そもそもの金利の特徴を知ろう!
     
    じゃあ、これから金利は上がるの??下がるの??
     
    変動金利とは、その名の通り貸付金利が変動するといことです。
    では、何を基準に変動しているのでしょう??
     
    それは短期プライムレートです。
     
    短期プライムレートとは、「短プラ」とも呼ばれ、
    金融機関が優良企業向けに、短期(1年以内の期間)で貸し出す時に
    適用する最優遇貸出金利(プライムレート)のことをいいます。
     
    そして、短プラは間接的に日銀の政策金利の影響を受けます。
     
    簡単にまとめると、だいたいのことは日銀が決めてるってことです。
    日銀とは日本銀行のこと、どんな役割があるのでしょう?
     
    (1)お金を作って(2)銀行に貸したり預かったり(3)政府のお金を管理しています。
     
    日本銀行は、お金を貸したくない時には金利を上げます。
     
    借りる人が減るので、お金が出回らない。
    急激な景気上昇に歯止めをかける。
     
    逆に、貸したいときには金利を下げます。
    借りる人が増える。お金が出回るので、景気が上昇するはず。
     
    今は、どっちですか??
     
    言うまでもなく、貸したい!
    世の中にお金を循環させて、物価を上げて、所得を上げたい!!
     
    マイナス金利の導入前には、
    お金をいっぱい刷って、「世の中に出回らせてくださいね!」やってました。
    それでもあまり出回らずにいたので、マイナス金利導入。
     
    銀行が、日本銀行に一定以上のお金を預けると、
    追加でお金を払わなきゃいけない。
     
    「銀行さん、どんどん世の中に出回らして下さい。」
     ってことを強制し始めてます。
     
     
    さて、今は金利がゼロではなく、マイナスです!!
     基本的に、金利は日銀が上昇させようとしなければ、勝手に上昇しません。
     
    とはいえ今後、
    物価や所得が上昇し景気回復してきたら、金利を上げるかもしれません。
     
    マイナス金利一つの目的である「景気回復」の実現は、
    みなさんの所得をあげ、消費活動を活発にし、
    長期的に日本経済が発展していくことですから、
     
    金利が急上昇でローンが払えない!
    という現象は起こりづらいのではないでしょうか?
     
     ポイント3は、別の記事にて♪