メニュー

読むだけで家計の悩みがスッキリするブログ - ギフトユアライフ浜松(FP相談)|住宅購入・保険の見直し・資産運用・老後の計画

0120-545-822 携帯電話の方 053-545-9822 お電話受付時間 9:00~18:00 0120-545-822携帯電話の方 053-545-9822 プライバシーポリシー
無料メールマガジン メールでのお問い合わせ
プライバシーポリシー

ギフトユアライフ浜松

0120-545-822 携帯電話の方 053-545-9822 お電話受付時間 9:00~18:00

無料メールマガジン メールでのお問い合わせ

読むだけで家計の悩みが
スッキリするブログ

住宅購入セミナー 開催!

作成日:2016年10月20日(木)

こんにちは!

お金を活かすFP事務所

ギフトユアライフ浜松の 鈴木幸子です!

 

10月30日・11月12日 午前中に1時間、

住宅購入に関するセミナーを担当します。

 

構成としては、

ライフプランや住宅ローン・税制などの話材で1時間

 

その後。30分で遠鉄ホームのベテラン営業さんが、

わかりやすく、土地選びや家づくりのポイントをお伝えする内容です。

 

お土産付きで、無料だそうですから、お得に勉強してみてはいかがですか?

 

託児もプロの方が担当してくれるそうですから、

 

ゆっくりとお話を聞けると思います!

 

entetsu

 

地震保険の保険料が上がります!

作成日:2016年09月14日(水)
こんにちは!
浜松市でお金を活かす FP事務所
ギフトユアライフ浜松 鈴木幸子です。
 
静岡県の地震発生率、南海トラフは30年以内に70%と言われています。
それもマグニチュード8-9クラスの地震だそうです。(政府 地震調査研究推進部)
 
30歳の人が60歳になるまでに70%の確率で地震が起こるって・・・。
30歳で元気だった人が、60歳までに亡くなる確率は、3%位。大差ですね。
 
2016年4月に起きた熊本地震による
地震保険金の支払件数は20万1,186件、金額は3171億円。
 
東日本大震災に次いで2番目の多さでした。
 
地震保険は、政府が主導で設計され、
民間の損害保険会社に販売や給付等を委託しています。
 
そのため、どの保険会社で加入しても、金額は一緒です。
 
気を付けたいのは、共済の仕組み。
共済は、独自の組合員の中での助け合いの為、国主導の地震保険には加入できません。
 
また地震保険は、火災保険のオプションとして加入する必要があり、
地震保険を単独で加入することができません。
 
さて本題の保険料の値上がりについて
 
2014年7月には、全国平均で15.5%の値上げが実施されました。
しかし、その1年後には再値上げの届け出が金融庁に申請されています。
 
2017年1月の料率改定を皮切りに、
2019年、2021年の3回に分けて行われ、全国平均で19%の値上げが予定されています。
地震保険の加入の仕方として、この料率改定の影響を5年間先送りできる方法があります。
保険料を5年長期で払ってしまうことです。現在の料率で払ってしまえば、5年間の保険料は上がりません。
 
自宅も仕事も失い、未来が描けない時の地震保険の受取は明日の希望になるかもしれない。
地震保険の家計への負担は大きくなるが、だからこそいざという時に役に立ってくれる。
最優先で準備しておいていただきたい補償です!
 
ちなみに私は、建物だけでなく、家財に対しても多めの地震保険をかけています。
なぜなら、地震保険は火災保険での建物評価額の半分までしか保険金として設定できないからです。
 
つまり、2500万円の物件が地震のあとの火災で燃えてしまった場合、
1250万円しか保険金は出ません。(特約などは無いとして)
 
同じ家どころか、家財も全部ダメになっているわけですから、家を建てることもままならず
住宅ローンが残っていたとしたら、住むための賃貸住宅とローンの2重苦になってしまいます。
 
そこで活躍するのが、家財保険。
こちらは家族の人数によって設定できる目安の家財金額があるのですが、
例えば火災で家財が燃えて1000万円だったとすると、地震の場合には500万円の保険金。
 
つまり、地震のあとの火災で全焼してしまった家を、
1250万円+500万円=1750万円位で建替えるなどの選択肢が可能となります。
 
特約等でもう少し地震への備えを充実させることができたり、
国主導の地震保険に独自の補償を上乗せして、火災保険と同額の支払いを実現する商品など
地震保険への備えを充実させる制度を始めている損害保険会社もあります。
 
地震保険をまとめると
 
①国主導で設計されている
 
②民間の損害保険会社に委託、共済は別団体
 
③火災保険金額の半分までしか保険金額を上げられない。
 
④地震のあとの火災は、地震保険でないと備えられない。
 
⑤保険料がどんどん上がっている!!
地震保険の必要性を営業さんから聞いたことありますか?
 
何よりも最優先に、住まいを守っていくためにも、地震保険の加入はお勧めしたいです。
 
何かあったときにいち早く相談できて、専門性の高い
ギフトユアライフ浜松、初回無料相談を行っていますのでお気軽に!

住宅を買うと税金が戻ってくるんですか?

作成日:2016年08月31日(水)
こんにちは!
浜松市でおかねを活かす FP事務所
ギフトユアライフ浜松の 鈴木幸子です。
 
住宅ローン減税についてできるだけわかりやすくまとます!
 
○2019年6月までに購入した住宅に住み始めること。
○申請から10年間が減税対象
○住み始めた年末ローン残高の1%が、減税してもらえる可能性がある!!
 上限4000万円(認定住宅は5000万円まで)
 
減税の可能性!?
ちょっとドッキリしますよね。可能性ということは、減税されない事もあるの?
 
実は「減税」ですので、そもそも税金を払っていないとしたら、減らせない!ってことなんです。
ではでは、どんな税金が対象になるのか見てみましょう。
 
☆まずは、その年に払った所得税。
 
所得税の払い方ってどうなってるの?
特にサラリーマンの方は疑問を持つかもしれませんね!
 
所得税は前払い。簡単なイメージをお伝えすると、
 
「今月のお給料は○○円、ということは1年で○○○円位の収入がありそうだなぁ、、
 それを見込んで、一旦○○円の所得税を払っておいてもらおう!!」
 
そして11月頃になると、年末調整の為の書類が会社から渡されます。
 
名前の通りですが、
年末に控除(お給料から引ける経費)とか、納税額とかを調整する作業があります。
 
この時、既に払った所得税を上限に調整され、戻ってくるのです(還付金)。
「もらい過ぎたら返します!」ってことですね!
 
サラリーマンでも、入居の年だけは翌年の2月頃に確定申告が必要ですが
それ以降9年間は、会社の年末調整に所定の申請書を提出すれば、12月に戻ってきます。
プチボーナス感覚ですね!
 
一つ注意点!!
初めて申請する時に、10年分の申請書が送られてきます。
ちゃんと保管し、1枚ずつ使いましょうね!
 
ここでまた疑問、
では減税されるはずの金額が35万円なのに、
所得税は20万円しか払ってない場合は、どうなるのでしょう??
 
15万円も損しちゃう!?お金持ちが得する政策なの!?
 
答えは、NO!
 
☆住民税の減税
 
翌年の住民税が前年課税所得×7%か13.65万円のどちらか少ない額、が減税されます。
 
住民税は、後払い。
 
今年の年末調整や確定申告で決まった所得に対して課税され
6月頃に納付書が届くか、6月~翌5月まで按分されて給与から引落されます。
 
「なんか最近、給料の手取りが増えたかも・・」
毎月最大約1.1万円、住民税が減っているかもしれませんね!
 
gennzei
 
最終的には、
所得税と住民税の合計額か、年末残高の1%、
 
どちらか少ない方が、戻ってくる&払わなくていいということになります。
 
せっかく戻ってきても、気が付いたら無くなっていた!
なんてことにならないように、計画的な活用をしていきたいものですね!

火災保険ってどんな内容で入ればいいです

作成日:2016年08月30日(火)

こんにちは!

 

浜松市でお金を活かす FP事務所

ギフトユアライフ浜松のさぎさかです

 

住宅購入のお客様から火災保険についてのお問い合わせをよくいただきます。

 

「どのような内容で入ればいいですか?地震保険は必要ですか?」

 

まず内容ですが、実際に支払われたらをイメージする必要があります。

 

まだ私が損害保険会社研修生の時は、

一般住宅では住宅火災保険と住宅総合保険というものしかありませんでした。

 

おもに

 

火災・落雷・破裂・爆発・風災・雹災を補償するのが、住宅火災保険

 

これに水災・盗難・外部からの物体の衝突、水濡れなどを幅広く補償するのが、住宅総合保険

 

しかし、今はさらに

 

不測かつ突発的な事故、つまり故意ではない人為的な事故

例えば、こどもが遊んでいて壁を傷つけてしまった、

 

大掃除にフローリングを傷つけた、

 

幼児が壁に油性マジックで落書きをした など

 

これは建物・家財を対象にすることができるので

お子さんがいるご家庭は家財にかけると支払う頻度は高くなるかもしれませんね。

 

このように補償内容も多様化していますので、

しっかりとご意向を伝えていただき保険代理店さんに設計してもらうといいと思います。

 

※マンションなどの2階以上は水災を外せる保険会社もありますので要チェックです!!(節約ポイント)

 

内容が決まったら、支払方法ですが

 

1年から最長10年間を契約することが可能です。

 

また支払いも10年一括から1年年払い・月払い

また会社によって5年長期年払い・月払いができる会社もあります。

 

長期契約は割引があるので、お得ですね!!

 

さて補償金額についても聞かれますが、

新築なら建築価格でいいのでが何年か経っていれば評価が必要です。

 

多くかけすぎても評価額以上は保険金が払われないし、

少なければ比例して支払うことになります。

 

比例払いですが、

たとえば実際には1000万円の評価を、契約を500万円で契約するとします。

 

実際に台風で30万円の損害が、支払い時に半分の15万円になるという考え方です。

 

※臨時費用などは別途ですのであくまでイメージとしてとらえてくださいね。

 

ですのでしっかりとした評価額で契約することも大切です。

 

さて地震保険。

僕は実際に建物・家財の両方加入しています。

 

被災地からの情報では、

地震保険のおかげで非常に助かったという声が多かったのと、

 

加入なさられなかった方は 

保険会社が勧めてくれなかったという声もあったそうです。

 

確かにここ浜松の地震保険料は高いですよね。

でも万一の時の経済的負担をカバーするのが保険です。

 

保険は今の生活が不測の事態になったときに、

経済的にその生活を補う大切な仕組みです。

 

火災保険・地震保険に関してのお問い合わせはギフトユアライフ浜松まで

住宅ローン金利って、どうやって決まりますか?

作成日:2016年08月15日(月)
こんにちは!
浜松市でお金を活かす 会員制 FP事務所
ギフトユアライフ浜松の 鈴木幸子 です。
 
今日は「住宅ローンの金利の決まり方」をご紹介します。
 
住宅ローンを借りたい場合、まずは「事前審査」といって、
いくらぐらいの住宅ローンを借りたいのか、
どんな仕事をしているのか?などを伝え、銀行に審査を申し込みます。
 
銀行は、依頼者の信用調査や勤続年数、職業の属性などを勘案して
 
貸していい相手か(信用力)
 
しっかりと返してもらえるか?(支払い能力)
 
いくらまで貸して大丈夫か??などを検討し、
 
貸し出せる金額と、金利を決めます。
 
 
ちなみに、この信用調査の際に
携帯電話の分割払いを滞納したりしていると、
審査に通らない場合があるので気を付けましょう。
 
一般的に、支払い能力が高い人は、金利が下がりやすい傾向にあります。
 
○ここで提示される金利の中身は、大きく分けて2パターン。
 
金利に死亡保障が含まれているパターン
 
含まれていないパターンです。
 
前者が一般的な金融機関で借りた場合
 
後者が、住宅金融支援機構フラットで借りた場合 です。
 
住宅ローンは高額になることが多いです。
 
稼ぎ手である債務者が死亡してしまった時、
遺族が住宅ローンを負担し続けるというのは非現実的です。
 
銀行としても支払い能力のない遺族に請求することは避けたいものです。
 
フラットを借りる際には、別で死亡保障を検討する必要があります。
 
住宅ローンについている死亡保障を団体信用保険(団信)と言います。
 
住宅支援機構の団信を利用してもいいですが、
 
民間の生命保険会社の保険料の方が安い場合があります。
 
保障内容も選べますので、比較検討していきましょう!
 
 
○住宅ローンを借りるときに必要なものとして、
 
 住宅ローンの保証料があります。
 
住宅ローンの保証料とは、債務者が住宅ローンの返済ができなくなった時、
 
保証会社が債務者に代わって住宅ローンの肩代わりをするための保証料です。
 
銀行にとって住宅ローンをきちんと払ってもらうための保険料を債務者が払う、ってことです。
 
銀行は、保証会社に払ってもらってローンを回収できるのですが、
 
債務者は保証会社に払い続ける必要があります。
 
稀に保証人扱いでの引き受けをしてくれる場合もあります。
その場合には保証料は必要ありません。
 
上記二つが、まず知っておきたい住宅ローン金利の中身です。
 
また、最近ではこれ以外にも
 
がんになったら住宅ローンが完済される保障や、
 
重病になって働けない期間が一定期間あった場合に、支払いを肩代わりし
 
最終的に完済してくれるような保障をつけられる住宅ローンも出てきています。
 
長くて40年もの期間の借金を約束する住宅ローン、
 
自分達のライフプランに照らし合わせて、しっかりと比較検討して選びたいものですね!
 

関連団体

日本FP協会 生命保険文化センター 相続診断協会