メニュー

読むだけで家計の悩みがスッキリするブログ - ギフトユアライフ浜松(FP相談)|住宅購入・保険の見直し・資産運用・老後の計画

0120-545-822 携帯電話の方 053-545-9822 お電話受付時間 9:00~18:00 0120-545-822携帯電話の方 053-545-9822 プライバシーポリシー
無料メールマガジン メールでのお問い合わせ
プライバシーポリシー

ギフトユアライフ浜松

0120-545-822 携帯電話の方 053-545-9822 お電話受付時間 9:00~18:00

無料メールマガジン メールでのお問い合わせ

読むだけで家計の悩みが
スッキリするブログ

フラット35を選ぶ際の注意点はなんですか?

作成日:2016年12月06日(火)
こんにちは!
浜松市でお金を活かすFP事務所
ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です!
 
 
さて昨今、日本経済のマイナス金利を受けて、
 
住宅ローン市場ではフラット35の金利が最安値を更新、
 
といったニュースが増えています。
 
 
どんな住宅ローンなんでしょう?
 
ズバリ!35年間ずっと金利が変わらず、
返済額が変わらない住宅ローンです!
 
金融市場の変化に左右されない、といった点では、
 
将来の返済計画等は立てやすいですよね!
 
ところが、住宅ローンを借りるには、金利以外にも必要な費用があります。
 
その中には、社会情勢に合わせて変化するものがありますので、注意が必要です。
 
 
その一つが、団体信用保険と呼ばれる死亡・高度障害になると住宅ローンが完済される、
 
という保障の保険です。住宅ローンを返済している本人が死亡や高度障害になると
 
実際にもう住宅ローンは返せないですし、養われていた家族は路頭に迷います。
 
路頭に迷う家族にローンの返済を迫っても、「無い袖は振れない」わけです。
 
 
この団体信用保険、実は、民間の銀行が発売している住宅ローンには、
 
最初から金利に含まれているので、追加で払う必要はありません。
 
 
ところで、この団体信用保険の保険料ってどうやって決まっているかご存知ですか?
団体構成員、つまり、今現在フラットを借りている人の死亡や高度障害の確率などで
 
決まっています。一般的に年齢が上がって行くと、死亡の確率はあがりますよね!
 
 
ということで、実際の話として
 
2008年までは年末残高1000万円につき、
 
28,300円だった保険料が現在は、35,800円となっています。
 
 
現在のフラット利用者の平均年齢は、39.6歳です。
 
 
今後、フラットを借りる人の年齢が下がって来れば値下げの可能性もありますが、
 
年齢が上がって行けば、今後も値上げの可能性は毎年あるわけです。
 
 
せっかく、35年間の住宅ローン返済額が変わらないようにたのに、
団体信用保険の保険料が上がってしまっては、残念ですよね!!
 
じゃあ、上がらない死亡保険ってあるのでしょうか?
 
そもそもの目的は、万が一の時に住宅ローンが完済されればいいわけですから、
 
民間の生命保険に目を向けてみるのもいいですね!
 
実際に、民間の生命保険の方が安いことは良くあります。
 
 
フラット35だからそこで死亡保障も入らなくてはいけない!
 
というわけではないので、民間の保険と比較検討してみるといいですね!
 
ご相談は、弊社まで~♪

頭金と住宅ローンの割合は、どうやって決めればいいですか?

作成日:2016年12月03日(土)
こんにちは!
浜松市でお金を活かすFP事務所
ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です!
 
良く聞かれる頭金と住宅ローンの割合について・・
 
まずは、決める前にやることとして、
 
 
1.ライフプラン&資金計画を立てること。
 
2.まとまったお金が必要な時はいつなのか?
 
  お金を残しておく必要があるか?
 
  これからの貯蓄で間に合うのか?
 
 
それぞれの家庭、
 
年齢構成も違うし、進学も違う、叶えたい夢も違う、、
 
一度、立ち止まって、考え、資金計画をしていきましょう!
 
 
頭金と住宅ローンの割合について、
 
「住宅購入の王道は、頭金2割、お金がたまったら繰り上げ返済で、
 
 住宅ローンをなるべく早く終わらせましょう!!」
 
こんなフレーズを耳にすることも多いのではないでしょうか?
 
もちろんこれも一つの返済計画として検討されていいと思います。
 
そして、この考えに乗っ取って、頭金をギリギリまで出し、
 
まとまったお金ができると繰り上げ返済。
 
月の返済は変えずに、期間を短縮していき早く返し終わりたい!!
 
借金をしたくない、現金主義で堅実な方がこのような返済計画を立てられます。
 
 
さて、ではすべての人がこの返済計画で、
 
今も将来も安心して暮らしていくことができるのでしょうか?
 
将来家を買おうとためてきたまとまったお金、
 
効果的な使い方ができるといいのですが・・・・
 
 
 
事例をご紹介します。
 
 
住宅ローンを返して、残高が減っていくのが楽しみ!
 
という40代のご夫婦がいました。
 
頭金をギリギリまで出して、200万円たまると繰り上げ返済を繰り返し、
 
預金残高はいつも100万円以下。この調子だと60歳前に完済できそうです。
 
 
そこには、16歳と14歳のお勉強の良くできるお子さんがいました。
 
二人とも夢があって、長男はエンジニア・長女はデザイナーになりたいとのこと。
 
子どもの進学のために、子どもが生まれた時に入った学資保険を毎月10000円ずつ貯めています。
 
予定では、18歳の時に250万円位は用意できそうです。
 
 
2年後を想定してみます。
 
長男の進学が決まり、来月から東京で大学生生活スタートです。
 
ずっと掛けていた学資保険250万円は、受験費用・引越し費用・そして前期の学費でなくなります。
 
そして、5月からは生活費の仕送りが始まります。
 
一気に家計は苦しくなってきました・・。
 
今まで貯まっていたお金も仕送りに回してたまらず・・。
 
翌年は長女の受験、そして進学が待っています。
 
子どもの夢を叶えるために、進学を制限したくない!
 
解決策として、教育ローンを借りることにしました・・。
 
 
例えば、国の教育ローンは最高350万円・1.9%の固定金利です。
 
 
 ちなみに、現在の住宅ローンの金利は、1.9%より低い場合が多いです。
 
まとまったお金を繰り上げ返済して期間は短縮、利息が減ります。
 
ところが、教育費が一気にかかる時期、住宅ローンよりも高い金利で
 
教育ローンを借りることになってしまいました。
 
住宅ローンの返済が終わっても、教育ローンの返済は続くことなりそうです・・。
 
 
頭金をいっぱい払い、一生懸命に住宅ローンを返してきたのに、
金利の高い、自動車ローンを借りることになった。
教育ローンを借りることになった。
 
 
住宅ローンは最長50年、低金利で借りられる他ではマネのできないローンです。
 
住宅は生活に必ず必要なもの、だからこそ優遇されています。
 
 
頭金と住宅ローンの割合はどう決めればいいのか??
 
答えは、ライフプラン&資金計画を立てることから始めましょう!
 
弊社では、初回相談30分無料。
 
その後、未来設計サポート のご案内をさせて頂いています。
 
お気軽に、お問い合わせください♪
 

病気になっても住宅ローンって払い続けるの?

作成日:2016年11月24日(木)
こんにちは!
お金を活かすFP事務所
ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。
 
住宅ローンを借りると毎月必ず出て行くお金
(固定費)が増えることが多いですよね!
 
賃貸住宅なら一生涯払い続ける必要があった
住まいに対するコストを、ある一定の期間(35年が多い)で払いきる、
 
つまり住宅ローンで老後の住まいを確保するわけですから、
老後の資金計画から住居コストが減り、年金暮らしに一定の安心を与えてくれます。
 
老後の住まいに関しては、また別の記事に書いていきますが、
 
今回は、そんな固定費を病気で働けなくなっても支払い続けなくてはいけないのか?
 
について、ご紹介させて頂きます。
 
答えは、払わなくていい、完済する保障をつけることができる! です。
 
私の見解ですが
最近の住宅ローンは、金利競争という消耗戦から、
 
保障の多様性によって選ばれたいという
内容重視のローンが多く出回るようになってきています。
 
とはいっても、この保障、、。
 
銀行側にしてみれば、金利上乗せの提案であり、返済額が増える。
 
必要性を感じてもらうための説明も難しい、、。
 
あまり積極的に紹介されて無いようです、、。
 
住宅メーカーさんからのご紹介でFP相談をする方が多いですが、
 
ほとんどの場合、疾病保障の付いた住宅ローンについての案内がない、
もしくは「金利が上がるからやめておいた方がいいと言われた」とおっしゃいます。
 
結果的に、私との面談が終わったころには
「疾病保障をつけたほうが良い」との見解になります^-^
 
良く考えてみてください!
 
一つの例ですが、
悪性のがんと診断されたら、住宅ローンが完済されるんですよ!!
 
例えば、3000万円の住宅ローンだったとします。
 
がんと診断されたら3000万円払わない、言い換えると、
これだけの保険金がもらえるってことですよね!?
こんな保障は民間では準備できません。
(免責期間があったり、給付額が制限されるなど)
 
住宅ローンを借りる人だけが選べる保障です!!
 
脳卒中・心筋梗塞も早期発見なら生き続けることができる。
でも、仕事の配置換えや収入の減少など、働く環境は変わります。
 
特に、がんに罹患したあとの生活を想像してみてください。
 
がんと診断されたあとに就業状況が変わった方が半数以上
詳細としては依願退職が30%と最も多く、
解雇や希望していない異動も合計17%
 
収入が減った人が30% 
罹患前と後で年収が70%以下になってしまった人が6割以上
その中でも年収が半分になってしまった方が3割。
 
詳しくはこちらの調査をご覧くださいね!
 
収入減少と共に治療費の増加というダブルダメージが家計を圧迫します。
 
経済的なダメージだけではなく、
社会的・身体的・そして心の状態まで想像すると
少なくとも経済的ダメージに対しては万全の態勢で備えたいですよね!!
 
住宅ローンの完済はもちろん、
民間の保険でも就業不能に備える保険が発売されています。
 
がん罹患者3人に1人は、現役で就労できる方です。
 
大きな買い物をする前に家計全般の見直し、
今後の備えを検討されることをお勧めします!
 
がんに罹患しても生きられる時代だからこそ、
しっかりと備えていく。備えあれば憂いなし!!
 
しっかり備えて、マイホームでの幸せな暮らしをスタートさせましょう!
 
 
 

住宅ローン控除申請ってどうやってやるの?

作成日:2016年11月09日(水)

こんにちは!

お金を活かすFP事務所
ギフトユアライフ浜松 鈴木幸子です!
 
今年もあと2か月を切りました!
住宅ローンを借りた方には、そろそろ金融機関から
「住宅ローン残高証明書」が届いたのではないでしょうか?
 
我が家にも2週間ほど前に届いて、
もうこんな時期(;^ω^)と思ったのを覚えています。
 
ギフトユアライフ浜松の誕生日は2016年1月21日なのですが、
その準備を始めていた昨年の慌ただしさを思い出します。余談でした・・。
 
さて、我が家は8年前に住宅ローンを借りて
二世帯で暮らせる住宅を購入しています。
 
住宅ローン減税が終わるかも、、、
と慌てて建てはじめた矢先のリーマンショック!
 
その後の住宅ローン減税延長が決まった翌年に
(2009年:平成21年)引越しをしています。
 
 
この時が人生最大の危機でした!
引き渡しの翌日(2009年1月28日)の午前中、
住宅営業さんから着信!
 
「弊社、倒産します、、、」「えーーーーー!」
 
という話はおいておいて、、
 
本題ですが、住宅ローン控除、
最初の1年目は確定申告をする必要があります。
 
なれない確定申告、浜松市で住宅を買った人が
押し寄せる確定申告会場は混雑しまくり。
 
ということで、
医療費や住宅ローン控除の還付申告者向け説明会を開催してくれます。
 
住宅ローンを借りた方には、
案内が届きますので参加されることをお勧めします!
 
参加されずに、別日で確定申告会場に行くとどうなるか・・。
 
半日以上かかる、受付終了で当日にできない、
なんてことがありますので      ♪ご利用は計画的に♪
 
一度で終わらせるためにも、
持ち物をしっかり準備しておきたいですよね!!
 
 
・確定申告書 ・住宅借入金等特別控除額の計算明細書 
 
 →会場にあります。(あるいは、税務署や国税局ホームページ)
 
 ・住民票の写し→ 市町村
※マイナンバー制度の導入によって、
平成28年分(2016年分)の確定申告から住民票の提出は必要なくなりました。
マイナンバーカードか身分証をお持ちください。(2019.1.30訂正)
・残高証明書→金融機関   ♪毎年届きます♪
 
・登記事項証明書→法務局
 
・請負(売買)契約書の写し
 
・源泉徴収票→年末調整してくれて12月にもらえる。
 
・耐震基準適合証明書 または 住宅性能評価書の写し
 
→該当の場合、住宅会社さんからもらっているはず。
 
・長期優良住宅 または 低炭素住宅の証明書  
 
→該当の場合、住宅会社さんからもらってるはず。
 (認定を受けている場合)
 
これ持って、還付説明会へご参加くださいね~!!
 
2年目以降のサラリーマンの方は、
年末調整の提出時に一緒に申告できます。
 
我が家も先日、やっておきました。
 
年末におこづかいが入る~(^^♪
 
ここでご注意点!!
 
住宅ローン控除の申告書、
実は初年度に10枚まとめて送られてきます!
 
1年に1枚使う、しっかりと保管しておいてくださいね!!
 
 
我が家の住宅購入奮闘劇を
お聞きになりたい方は、弊社に遊びに来てくださいね!!
 

住宅修繕費も計画的に準備しましょう。

作成日:2016年10月23日(日)
こんにちは、浜松でお金を活かすFP事務所、ギフトユアライフ浜松の
鈴木裕也です。
 
住宅の火災保険について、各社様々な商品ラインナップとなっていますが、
どのように選べば良いのでしょうか。
将来起こる災害がわからないので、確実な「正解」というのを選ぶのは
難しいですが、立地や建物によって個別に検討する必要があります。
もちろん火災保険は頻繁に使うものではないので、ピンとこない方も
多いと思いますが、どう選ぶか以外にも考えておきたいこともあります。
 
基本的に、「建物」や「家財」を対象に保証する範囲を選択していく
訳ですが、その範囲に関しては火災、風災、日常の不測かつ突発的な
事故や損害まで補償するなど、様々です。
 
「保険」なので、起こる確率によって私たちが支払う保険料が変わってきますが、
自然災害の将来予測について不確実な要素が増えていることから、
2015年から長期契約(10年超)と取扱はできなくなりました。
 
ここ最近の被害では、台風により屋根が吹き飛ばされる、カーポートなども保険の対象と
なっていることから損害額が増えています。
 
また、水濡れ損害については、給排水管の破損により、床板や壁紙の損害で
張替が必要となったり、家具や家電が損害を受けたなどで損害額が高くなっているが
これからの季節、気温の影響で水道管の凍結も起こりやすいし、水道管の
老朽化にも注意しておきたいです。
 
さらに、通常の雨漏りによる損害は補償の対象外です。風・雹・雪により
建物が損傷したことが起因して雨水が侵入して損害を被った場合は補償となりますが、
建物の老朽化や自然劣化が原因であれば対象外です。窓を開けたまま出かけてしまい、
損害があった場合は駄目ということです。
 
火災保険は万が一に備えるための契約ですが、劣化を修繕する費用は補償対象外です。
しかし、劣化による雨漏りなどもリスクであることには変わりないので、火災保険に
加え、修繕費等は貯蓄等で計画的に準備する必要がありますね。

関連団体

日本FP協会 生命保険文化センター 相続診断協会