メニュー

読むだけで家計の悩みがスッキリするブログ - ギフトユアライフ浜松(FP相談)|住宅購入・保険の見直し・資産運用・老後の計画

0120-545-822 携帯電話の方 053-545-9822 お電話受付時間 9:00~18:00 0120-545-822携帯電話の方 053-545-9822 プライバシーポリシー
無料メールマガジン メールでのお問い合わせ
プライバシーポリシー

ギフトユアライフ浜松

0120-545-822 携帯電話の方 053-545-9822 お電話受付時間 9:00~18:00

無料メールマガジン メールでのお問い合わせ

読むだけで家計の悩みが
スッキリするブログ

時計に保険ってかけれるの?

作成日:2016年08月18日(木)

浜松でお金を活かす FP事務所

ギフトユアライフ浜松のサギサカです

 

「 サギサカさん、100万円の時計に保険かけたいんだけど?かけれます? 」

 

100万円の高価な時計

 

自宅では盗難の危険が、持ち出せば落として壊れたり、盗まれたり、水にぬれて壊れたり。。。

 

保険会社としては支払う確率は高いですよね??

 

皆さんはどう思いますか?

 

この保険はある? ない?

 

答えは あります。

 

動産総合保険といいます。

 

あまり個人には馴染みのない保険になります。

 

が個人でも楽器やカメラ、プロジャクターなんかにかけたりしています。

 

僕が扱うもので多いのは、会社の事務機器や精密機械、高額機器や商品、展示品などをお引き受けさせていただいています。

 

この保険、現金、小切手、手形も保険を掛けることができるんですよ。

 

特徴は、保険の目的の破損を補償してくれるということ。

 

最近では火災保険の家財にも破損・汚損を補償してくれる保険が出てきましたがあくまで建物の中での事故。

 

動産総合保険は、保管場所不特定で契約すれば持ち出した外出先での事故にも対応しています。

 

引き受けや内容については各社違いますので、ご検討の際はお問合せくださいね。

 

ギフトユアライフ浜松では損害保険、生命保険のご相談を受け付けています。

 

お気軽にお問合せください。

 

就業不能保険とは?

作成日:2016年08月12日(金)
こんにちは 浜松市でお金を活かす会員制FP事務所
ギフトユアライフ浜松の鈴木裕也です。
 
ここ数年でよく耳にする「就業不能保険」とは。
 
病気やけがで治療が長引き、給与が得れない期間は、
一気に家計が苦しくなる。1、2カ月なら貯蓄等で
乗り切れるが、それ以上長引くと、これまで少しずつ
貯めてきた、貯蓄がみるみる無くなってしまいます。
そのような、働けない期間中の収入を補償するのが
就業不能保険です。
決めた期間まで、月々決まった金額(5~50万)が支払われると
いうものです。
 
多くの保険会社が扱っていますが、名称は様々です。
各社、免責期間(就業不能が何日続けば支払い対象になるかの
期間)など支払い対象となる事由に差があります。
 
私自身、病気やけがで就業不能となる、もしくは死亡すると
家族に月々決まったお金が入る保険に入っているので、
なぜ加入したかを実例としてご紹介します。
 
・私が死亡しても、最近は葬式も安くできるし、
 1,000万とか、まとまった金額が必要という訳ではない。
・私が死亡しても、遺族年金等の収入を考慮すると、残り
 15万円くらいあれば、家族は生活できる。
・死亡ではなく介護状態となれば、むしろ支出を増やしてしまう
 可能性がある。
 
これが、加入した理由です。60歳までの保障なので、それまでは
家族は最低限の生活はできるようにしています。
ただ、保険料は掛け捨てですし、妻の老後資金となるような
貯蓄性はないので、別の保険等で準備する必要はあります。
 
私は結婚して初めて、自分が死亡した後の事を考えました。
自分の両親にできることはあまりないかもしれませんが、
妻には嫁いでもらった時点で、守っていく責任があると
思いますので、社会保障等が変わっていく中で、しっかりと
正しい情報を取得ながら、定期的に見直していきたいと考えています。
 
職業柄、社会保障などに関する情報に多く触れています。
自分だけではなく、是非、皆様にも優良な情報を提供し
続け、お役に立てるように励みます。

イベントにかける保険ってありますか

作成日:2016年08月09日(火)
浜松市でお金を活かす 会員制 FP事務所
ギフトユアライフ浜松のさぎさかです
 
ご紹介をいただいてよく取り扱うのですが、
イベントの参加者のおけがを補償する保険があるのをご存知ですか。
 
やはり主催者としては参加者のケガは心配ですし、
せっかく参加くださった方から補償を求められたら大変ですよね。
 
そんなときに備える保険がレクリエーション保険になります。
 
1日の中でイベントに参加中におけがをした際に死亡・高度障害・入院・手術・通院を補償します。
 
契約の仕方は2種類ありまして、日時人数を確定して契約するパターンと
暫定の人数で契約し、終了後に清算するパターンがあります。
 
最近ではさまざまなイベントにてこの保険を活用いただいております。
 
私のお客様では、年間のイベントをすべてお任せいただいたり、
個別に講演会などでご利用いただいたり、ハイキングやボーイスカウトのイベントにも使ってもらっています。
サーフィンなどの大会もありますね。
 
契約に必要な要件は20名以上で、さまざまなイベントに備えることができます。
 
例えば
 
いちご狩り
運動会
空手大会
マラソン
ボデイビル
昆虫採集
展覧会
史跡めぐり
野球
サッカー
講演会
 
など
 
保険料はそのイベントの危険度によってA、B、C料率に分かれております。
危険度によって保険料が決まります。
 
またレクリエーション傷害保険には別にレクリエーション賠償責任もございます。
 
これは管理運営側の責任で参加者にケガをさせたり、参加者の持ち物を壊してしまった
といういわゆる対物賠償を補償します。
 
 
宿泊を前提とする場合はこの保険では受けることができないため、国内旅行傷害をおすすめしています。
 
イベント開催などで保険が必要でしたらぜひギフトユアライフ浜松へお問い合わせください。

車で自宅を壊してしまった・・・

作成日:2016年08月02日(火)

こんばんは 浜松でお金を活かすFP事務所

ギフトユアライフ浜松の匂坂です

 

ここ浜松では一家に免許証の人数分車があってもおかしくない車文化です。

 

地元企業への通勤や買い物など自動車が必要不可欠。

 

さて自動車保険、ほとんどの方が加入してらっしゃると思います。

 

私がまだ駆け出しのころのエピソードをご紹介いたします。

 

次の例は保険金は払われるのでしょうか

 

自宅の壁に運転を誤って接触してしまった

 

奥さんの車に自分の車が接触してしまった

 

車庫で遊んでいた自分の子供を引いてしまった

 

さていかがでしょうか?

 

まず賠償責任という視点からお話いたします。

 

自身の自宅や奥さん、子供には賠償責任は発生しません。

 

なので対人・対物賠償責任保険では支払い対象にはなりません。

 

しかしながら、例えば自宅。

 

これは火災保険の内容によっては保険金を受け取れますね。

 

妻の車。これは互いの車両保険が支払い対象になります。(内容による)

 

子供・・・これは傷害保険や医療保険などの保険の加入が必要になります。

 

このように保険には支払うことができる場合、できない場合があります。

 

入っているから安心ではなく、内容をご自身でしっかり把握しておくことが必要です。

 

私たちは保険の見直しやアドバイス、相談などを日頃の業務の一つとしてさせていただいています。

 

お気軽にお声掛けくださいね。

自動車を購入しました。保険は??

作成日:2016年07月27日(水)

こんにちは!
浜松でお金を活かす FP事務所

ギフトユアライフ浜松のさぎさかです。

 

損害保険代理店出身の私は、お客様から自動車を購入して保険のご相談を受けます。

 

さて自動車保険は登録時に強制保険つまりみなさんでいうと、

健康保険や年保険料のように払わなくてはならない自賠責保険に入らなければいけない。

 

これは購入時に必ずセットされるので心配なく。ただ車検切れにご注意を!!

 

次に任意保険。

 

今ではインターネットや通信販売でも自動車保険に加入できますが、

自動車販売会社や代理店からの加入、職域加入もありますね。

 

加入時には

 

自動車検査証

 

免許証

 

などの情報が必要になります。

 

通常、新規契約では6等級からスタートします。

 

しかし、同居親族に11等級以上の契約者(家族内)でいれば7等級からスタートできます。

 

自動車保険には等級制度があり、仕組みを理解している方お任せするのが私のおすすめです。

 

契約内容は

 

a)対人賠償責任保険

対物賠償責任保険

 

b)人身傷害保険

搭乗者傷害保険

 

C)車両保険

 

d)特約

 

からなります。

 

基本はa + b

 

これは相手と自身のけが、同乗者のケガに対する補償です。

 

追加として

 

cの車両保険があります。

 

ご自身の意向に沿った内容で契約しましょうね。

 

 

関連団体

日本FP協会 生命保険文化センター 相続診断協会