メニュー

読むだけで家計の悩みがスッキリするブログ - ギフトユアライフ浜松(FP相談)|住宅購入・保険の見直し・資産運用・老後の計画

0120-545-822 携帯電話の方 053-545-9822 お電話受付時間 9:00~18:00 0120-545-822携帯電話の方 053-545-9822 プライバシーポリシー
無料メールマガジン メールでのお問い合わせ
プライバシーポリシー

ギフトユアライフ浜松

0120-545-822 携帯電話の方 053-545-9822 お電話受付時間 9:00~18:00

無料メールマガジン メールでのお問い合わせ

読むだけで家計の悩みが
スッキリするブログ

公立高校入学!準備にいくらかかるの?

作成日:2018年03月29日(木)

こんにちは!
お金を活かすFP事務所

ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。

 

この春、無事に長女が公立高校に合格☆

我が家にもやっと春が訪れました^^

 

ホッとしたのもつかの間、、

 

合格発表当日に渡された入学案内には新入生テストに向けた課題が(;´Д`)

 

娘の浮かれ気分も3時間。これが現実です(笑)

 

そして親にとっての現実は、入学前の物品購入費用(-_-;)

 

確定申告、医療費控除に領収書が不要になる?

作成日:2018年03月06日(火)

こんにちは!
お金を活かすFP事務所

ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です!

 

先日、加入している全国健康保険協会から「医療費のおしらせ」が届きました。

 

kenpo

 

平成29年分の確定申告から(まさに今)、この「医療費のお知らせ」を

医療費控除の申告手続きに使えるようになりました!!

 

ここまではいいのですが、、、

 

いくつか難点があります(;´・ω・)

 

地震への備えは必須ですね!

作成日:2017年12月11日(月)

こんにちは!
お金を活かすFP事務所

ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です!

 

本日は、日本損害保険協会主催の地震保険セミナーに

浜松支社4名で参加してきました!

 

衝撃的事実を突きつけられました!!

見たくないものを直視しました(;´Д`)

 

でも歴史という現実、実際の被害状況、混乱を知ることで

情報の準備、いざとなった時の判断する基準、大切なこと、、

 

多くのことを学ぶことができました。

 

IMG 4579

 

そなえ の備え

作成日:2017年07月05日(水)
こんにちは! 浜松でお金を活かすFP事務所
ギフトユアライフ浜松の赤堀雄一です!
 
 
最近全国でも地震がまた増えてきましたね。
  
ここ浜松では数十年も前から東海沖地震が来るぞ!来るぞ!
 
と言われ続けてますが静岡県の小学生たちは地震を想定した避難訓練をしてますね。
 
赤堀もそんな昔の記憶ははっきりと覚えています。
  
防災頭巾を被り校庭へ避難して集合 点呼 その後解散などでした。
 
当時は津波を想定はしていなかったですね。
 
 
 
 
1964年(昭和39年)に新潟で地震が起きました。
 
被災地は液状化現象や津波などにより甚大な被害があり
 
死者こそ少なかったけど日常の生活できるレベルとは程遠い状態でした。
 
生活の再建が困難な状況を目の当たりにした当時の大蔵大臣であった
 
かの有名な田中角栄大臣が地震保険が必要だ!
 
と言い出したことが地震保険設立のきっかけとなりました
 
 
 
そんな経緯から火災などの損害を補填する火災保険と違い
 
地震保険は地震によって損害を被った物を補填するのではなく、
 
生活立て直し金としての意味合いとなっています。
 
記憶に新しい東日本大震災や熊本地震など
 
最近は映像にて甚大な被害を確認できる時代になり
 
またインターネット環境の発達によりリアルタイムにて情報が行きかうようになりました。
 
それでも被災地は深刻な状況となることは容易に想像できます。
 
 
もし地震が起きた時
 
ご家族と連絡が取れる方法や集合場所など決められていますか?
 
もしご自宅が地震によって被害に見舞われたときの準備は出来ていますか?
 
 
我が家では少しずつですが備えをしています、、、
 
などと偉そうに書いてますが
 
家族の安否確認方法などは決めていないのでこのタイミングで決めたいと思います。
 
 
 
地震に対する自宅の備えは地震保険で備えていますが
 
いざ被害が起きた時にはどのような動きをして保険会社へ請求し
 
また、どのような形で保険会社が対応されるのかを
 
過去の地震での経験を保険会社の方に勉強会を行っていただき教えていただきました。
 
 
 
 
起きてほしくはない地震
 
 
だけど いつか起きると言われている
 
 
そんな時 大地震なんて未経験である自分達ではあるけれど
 
しっかり対応できる代理店でありたいと思っています。
 
 

無料で韓国旅行に行けちゃう??

作成日:2017年05月08日(月)

こんにちは!

浜松でお金を活かすFP事務所、ギフトユアライフの鴨藤健人です。

 

皆さん、ゴールデンウイークはいかがお過ごしでしたか?

 

浜松のゴールデンウイークといえば、やっぱり浜松まつり!

 

という方もいれば、たまにはご家族でゆっくり国内旅行。

 

いやいや、今年はちょっと奮発して海外に行って来ました!

 

なんて方もいたんじゃないでしょうか?

 

しかし・・・

そんな楽しいゴールデンウイークの思い出と引き換えに、

 

やっぱり気になっちゃうのがお金の事ですよね。

 

今年はちょっと使い過ぎちゃったかなぁ・・・

 

そんな事を思っているあなたに、とっておきの情報です!

 

2年に1回、実質タダで韓国旅行に行けちゃう!?

 

まあ別に、韓国限定ではないのですが、

最近(いやちょっと前?)の流行りという事で(笑)

 

そうです!

マイルを貯めましょう!というお話です。

 

既に貯めている方もいらっしゃるとは思いますが、

マイル?うん、なんとなく聞いたことはあるけど・・・

 

飛行機乗る時に貯めとくとお得なやつでしょ?

 

とかとか、なんとな~く知ってはいるものの、

正直なところ詳しくは分からない・・・

という方も多いのではないでしょうか?

 

そもそもマイルとは、

航空各社が顧客の囲い込みのために行っているサービスで、

平たく言えばポイントカードみたいなもの。

 

マイルはポイントカードのポイントと同じなので、

『マイルを貯める→特典と交換』という流れになります。

 

ひと昔前は、マイルを貯めるためには飛行機に乗らないといけなかったのですが、

(そもそもマイルの本来の意味は距離を表していて、1マイル=約1.6キロで、

飛行機に乗った距離に応じてマイル貯まる仕組み)

 

最近では、アメリカンエキスプレス(以下アメックス)など

クレジットカードの決済金額に応じてマイルを貯める人が増えているんです!

 

アメックスのクレジットカードで100円決済すると1マイル貯まる訳ですね。

ただ、アメックスのカードって年会費がやたら高いですよね・・・

 

そこで!

今回の記事では、『ANA・アメリカンエキスプレスカード』

をおススメ致します!

 

これは、ANAとアメックスがタッグを組んで発行しているクレジットカードで、

通常のアメックスのカードよりも年会費が安い(7,000円)のが特徴。

 

しかしここで、じゃあ普通に楽天カードとかで楽天ポイントを貯めるのと何が違うのよ?

 

という疑問も出てくると思います。

 

飛行機に乗る場合は実はめちゃくちゃ違う事だらけなのですが、

百聞は一見に如かず、という事で、以下、ANAマイレージクラブの必要マイル数(往復、エコノミー)です。

 

・ソウル 15,000マイル

・グアム 20,000マイル

・バンコク 35,000マイル

・ハワイ 40,000マイル

・ロサンゼルス 50,000マイル

・パリ 55,000マイル

 

どうでしょうか?

格安航空ではなくANAなので、

例えばソウルなら普通に往復すれば5万円程度かかるところ、

 

15,000マイルで行けてしまう訳ですから、

1マイル辺りの価値は約3円ちょっとという事になります。

 

勿論、渡航料金はシーズンや行先によって変動しますので、1マイルがいくらか?

という事は断定出来ませんが、それでもお得な事に間違いありません。

 

ちなみに、15,000マイルを貯めるには

このカードで150万円分決済しないといけない訳ですが、

 

これ、冷静に考えてみて下さい。

 

例えば、賃貸にお住いの方であれば、家賃の支払いをこのカードにする。

 

スマホの支払い、各種公共料金の支払いをこのカードにする、

 

など毎月の固定費の支払い(月々約6万円)

このカードに1本化してしまうだけで、だいたい2年で150万円になります。

 

つまり、これら固定費の支払いをANAのアメックスカードにしておくだけで、

2年ごとに1回、実質タダで韓国まで往復出来るのです!

 

注・地域によっては公共料金の支払いは100円=0.5マイルになる場合もあります。

 

更に、このカードを持っているとご本人様とその同伴の方1名様まで、

空港ラウンジを無料で利用出来たりと、嬉しい特典も沢山あります!

 

詳しくは、ANA・アメリカンエキスプレスカードで検索してみて下さい!

 

皆さんも是非、来年、再来年のゴールデンウイークには、

こんなちょっとした裏技を使って、お得に海外旅行に行かれてみてはいかがですか?

 

関連団体

日本FP協会 生命保険文化センター 相続診断協会