メニュー

老後生活の資金を貯めるため必要なこととは - ギフトユアライフ浜松(FP相談)|住宅購入・保険の見直し・資産運用・老後の計画

0120-545-822 携帯電話の方 053-545-9822 お電話受付時間 9:00~18:00 0120-545-822携帯電話の方 053-545-9822 プライバシーポリシー
無料メールマガジン メールでのお問い合わせ
プライバシーポリシー

ギフトユアライフ浜松

0120-545-822 携帯電話の方 053-545-9822 お電話受付時間 9:00~18:00

無料メールマガジン メールでのお問い合わせ

読むだけで家計の悩みが
スッキリするブログ

老後生活の資金を貯めるため必要なこととは

作成日:2016年08月05日(金)
こんにちは!
浜松市でお金を活かす FP事務所
ギフトユアライフ浜松の鈴木裕也と申します。
 
老後生活の資金を貯めるため必要なこととは。
 
早い時期から少しずつでいいので貯蓄をはじめ、
健康を意識するという地道な行動が一番です。
 
人が実際に老後生活について考えるのは、いつごろでしょうか。
 
これだけメディア等で高齢化社会や社会保障について
取り出されているので、老後について考えるのは、早い時期でしょう。
 
30歳代の私も考えていますが、20歳代の社会人、もっと言うと
10歳代の学生でも心配している人はいるでしょう。
 
ゆたかな老後生活を送りたいと思わない人はいないと思いますが、
そのために、何をどうすればいいのか、わからないですよね。
 
50歳代は貯蓄についてしっかりと計画、
設計することが重要だと言われています。
 
「ねんきん定期便」で老齢年金の見込み額が記載されますし、
退職金の額や住宅ローン残高などにメドが立ち、計画がやり易いからです。
 
しかし、現実は厳しく、
50歳代の世帯で29.1%が無貯蓄であるという数字が出ています。
 
もっと早い段階から計画することが必要です。
 
まずは少しずつでも貯蓄を始めましょう。
月2万円でも20年で約500万、40年で1,000万近く貯蓄できます。
 
そして、健康を維持することを意識しましょう。
老後でしっかりと考えておかないといけない支出は、居住費、食費、医療費です。
 
食費は、高齢になると食べる量は減りますが、健康志向が高く
なるにつれ高額な食品を食べるようになり徐々に高くなってくるので、
 
若い時から運動をするなどで、急に良いものを食べなければと
思わなくていいようにしておきたいですね。
 
医療費も然り、健康第一。
 
資産運用も一つの手段ですが、
貯蓄と健康意識を早い段階から始めることは無リスクです。
 
地味ですが、一番有効な手段だと思います。
 
まずは家計を見直し、少しでも貯蓄できないか確認してみましょう。

関連団体

日本FP協会 生命保険文化センター 相続診断協会