メニュー

読むだけで家計の悩みがスッキリするブログ - ギフトユアライフ浜松(FP相談)|住宅購入・保険の見直し・資産運用・老後の計画

0120-545-822 携帯電話の方 053-545-9822 お電話受付時間 9:00~18:00 0120-545-822携帯電話の方 053-545-9822 プライバシーポリシー
無料メールマガジン メールでのお問い合わせ
プライバシーポリシー

ギフトユアライフ浜松

0120-545-822 携帯電話の方 053-545-9822 お電話受付時間 9:00~18:00

無料メールマガジン メールでのお問い合わせ

読むだけで家計の悩みが
スッキリするブログ

認知症対策はどんなものがありますか?

作成日:2016年10月30日(日)
 
こんにちは、浜松でお金を活かすFP事務所、ギフトユアライフ浜松の
鈴木裕也です。
 
高齢化が進み、認知症患者が増え続けています。私の祖母も認知症で、
自分の娘も認識できたりできなかったりです。
 
認知症を患うことで資産が詐欺被害にあったり、他人に損害を与えてしまい、
損害賠償を請求されるようなケースがあり、各金融機関がそうしたリスクに
対応する商品を出しているので紹介します。
 
ひとつは信託銀行で資産の引き出し金額に制限を設け、引き出す際に
指定親族の同意を必要とすることで、詐欺被害等にあわないようにするもの。
すでに重度の認知症で判断能力が低い方は契約できないので、注意が必要です。
 
また損害保険の分野では、日常生活で他人にケガをさせてしまい、損害賠償責任を
負った時に保険金が出る個人賠償責任保険で対応できるようにした会社があります。
 
個人賠償責任保険は、通常、補償の対象となるのは、同居している家族と
別居している未婚の子だが、重度の認知症の親の面倒を見ている別居中の
家族も補償の対象となるように対象となります。
 
個人賠諸責任保険は、自動車保険や火災保険の特約で付保されるので、すでに
加入している方もいると思いますが、「記名被保険者」を誰にしているかで、
補償の対象が変わってくるので、今回のケースでいうと「子」を記名被保険者に
しておけば、「親」が他人にケガをさせてしまっても、子に保険金が支払われます。
 
2025年には、認知症患者が約700万人と高齢者の5人に1人がなるそうです。
今後もこのような商品は出ると思うので、引き続き情報提供していきます。

DCプランナー(企業年金総合プランナー) 合格!

作成日:2016年10月24日(月)
こんにちは!
お金を活かすFP事務所
ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です!
 
私事ですが、9月11日(日)に行われたDCプランナー2級試験に、合格しました!
 
また一つ、お客様のお役に立てるスキルが証明されました(^^♪
 
達成感、アリアリです!!
 
試験会場での環境は大変厳しく、
浜松での受験者が少なすぎたこともあり、会場では、3-4資格の試験が同時進行。
 
終了時間が違うため、終了アナウンス等々の賑やかさ、
更には、入り口の真横という落ち着かない環境、
 
さらにさらに!2時間半も水分補給ができない、過酷でした・・。
 
「試されてる!!」と言い聞かせ、集中力Max!!
ここで合格できれば、相当の自信になるなって思い、精一杯がんばっちゃいました!!
 
結果は、全国3,001人の申込者。
受験せずに諦めた人が約500人、受験者2,499人で
合格者は961人。合格率38.5%だったそうです!
 
民間資格とはいえ、高度成長期に乱立した様々な年金制度を網羅できます。
 
ライフプラン全般の相談に乗る中で、より専門的で詳細な相談に乗ることができると自信がつきました。
 
社会保障・会社の福利厚生制度が大きく変わる不確実な未来に、
 
今まで備えてきた各制度をどうやって効果的に活用していくのか?
 
既に始まっていますが、今後はさらに加速する、自己責任による老後への備え。
 
もうすぐ、ほぼすべての人に与えられる確定拠出年金制度の普及。
 
DCプランナーとしての使命は、大きなものがあると思っています!
 
ご自身の老後の資金計画、誰に相談しますか?
 
今までコツコツと準備してきた老後資金、
 
65歳時の平均余命は男性19年(83.76歳)・女性25年(89.79歳)
 
という期間を、自分たちの力で乗り切るための資金計画です。
 
しっかりと体系的に知識を持ち、日々の相談業務の経験値の高いFPにご相談ください。
 
まずは初回無料相談+未来設計サポート(5000円)
をご活用いただき、相談してみたいFPかご確認ください。
 
その後は、老後の計画サポートにて詳細のご相談を承ります。
 
相続診断士としてのスキルも持ち合わせています。
 
ご相談内容によっては、士業の方をご紹介、包括的なサポートも可能です。
 
会員になって頂いた方は、毎月3000円にて生涯サポートさせて頂きます。
 
漠然とした不安をお持ちの皆様、まずは専門家にご相談くださいね!
 

個人事業主におすすめの年金は?Part2

作成日:2016年10月12日(水)

こんにちは!

 

浜松市でお金を活かすFP事務所

ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です!

 

個人事業主におすすめの年金制度Part2です!

 

Part1では、

①付加年金 ②国民年金基金 の二つをご紹介しましたね!

 

次は…

③小規模企業共済制度(国が作った事業主向けの退職金制度)
 
月額70,000円(年間84万円)まで、経費扱い(所得控除・非課税ということ)
 
前納ができたり、預けている共済金から事業用に貸付を受けられる。
 
退職時に受け取る時も、一括受取りだけでなく、分割(10年・15年)で年金として受け取れる。
 
加入した場合に節税額や、将来受け取れる年金額の試算は こちらへ。
 
 
ここまでは、円建てでの準備ですが、次は…
 
 
 
月額68,000円(年間81・6万円)まで、経費扱い(所得控除・非課税ということ)。
 
ただし、国民年金の付加年金や、国民年金基金の掛金との合計額が月額68,000円。
 
 
たとえば、付加年金(400円)を払っていた場合は、月額67,000円までってことですね!
 
こちらは、年金制度ですので、途中で引き出したりはできません。
 
 
また、ほかの年金制度と大きく違うのは、運用先が日本円だけではないということです!
 
投資信託を活用して、世界株式や世界債券、不動産などに分散投資することができます。
 
 
平成13年からスタートした新しい制度、
 
現在でも企業年金を持たない会社で働くサラリーマンは利用できる制度なのですが、
 
平成29年1月からは、専業主婦や公務員、一部のサラリーマンも利用できるようになります。
 
 
私の個人的なオススメの順番としては、
 
①付加年金・・何より還元率がいい!!
④確定拠出年金・・グローバル社会に対応した年金制度だから。
③小規模企業共済・・事業の貸付があれば、安心だから。
 
 
ちなみに、私は企業年金がない会社なので、確定拠出年金やってます♪
 
 
年金制度は、どんどん変わってきています!
 
最近、企業年金総合プランナー(DCプランナー)の資格勉強を通して、知識を補完しました。
 
実務で培ってきた複雑な年金の知識を整理し、個々に合わせてわかりやすい説明をできるよう勤めてまいります。
 
 
これから年金を準備したい方も、そろそろ年金をもらう方も、
 
どのように年金と向き合っていけばいいか?検討中の方は、お気軽にお問合せくださいね!
 

 

個人事業主におすすめの年金は?Part1

作成日:2016年10月10日(月)
こんにちは!
浜松市でお金を活かすFP事務所
ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です!
 
さて早速ですが、
個人事業主の方は、ご存知の通りサラリーマンが加入している厚生年金には加入できません。
 
厚生年金に加入している場合には、本人と会社が折半で保険料を負担しています。
 
厚生年金保険料を払っていれば、同時に国民年金にも支払っていることになっています。
 
厚生年金は国民年金の上乗せ年金として、老後資金に回っています。
 
 
ちなみに、厚生年金のモデルケースとして、夫が40年間、平均月収42.8万円(賞与含む)
 
妻はその期間専業主婦か扶養内での働き方、平成27年度に年金を受け取り始める場合、
 
夫婦2人分の老齢基礎年金を含む標準的な年金額として22万1507円。
(出典:厚生労働省年金局「平成26年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」)
 
 
現在、国民年金を40年間払った方が満額もらえる老齢基礎年金額は約78万円、月額6.5万円。
 
概ね1年納めると2万円の年金が増える計算になります。(10年以上の納付が条件です)
 
65歳からもらえるわけですが、現役時代の生活を維持できるでしょうか?
 
 
夫婦でもらっても、月額13万円。ここから介護保険や国民健康保険は支払い続けます。
 
水光熱・通信費・車の維持費なども生活に必要なインフラです。
 
 
そこで、国としても個人事業主の方には様々な税制優遇をしながら、
個人事業主の方の老後資金の確保を勧めています。個人事業主は自己責任で人生を歩める方ばかり。
 
ちなみに税制優遇とは、経費扱いしてくれるってことです。(所得控除される・課税されない)
 
 
 
さて本題です!
 
個人事業主が選べる年金の中で、まずは押さえておきたい年金制度は・・
 
①付加年金
 
月額約16,000円の国民年金保険料に、400円を付加して納付する制度です。
 
65歳になると、老齢基礎年金の約78万円に付加年金額が加算されて支給されます。
 
付加年金=200円×付加保険料納付月数
 
例えば、30歳で独立した個人事業主が60歳まで付加年金をかけた場合は
 
付加年金=200円×30年(360ケ月)=72,000円
 
つまり、老齢基礎年金と付加年金の合計額は約85.2万円となるのです。
 
先ほどご紹介した基礎年金は、1年払って、、つまり
 
月額約16000円×12か月=192,000円払って、年金額が2万円増える。
 
それに比べると
付加年金は、400円×12か月=4800円払って、年金額が2400円増える。
 
安易な表現であはありますが、、、
 
基礎年金は9年半、付加年金部分は2年でモトが取れます!
  
公的な年金機構のHPに、「モトが取れる」って書いてあってびっくりです(笑)
 
 
さて、以下はわかりやすい順番で・・
 
②国民年金基金
 
本格的な年金制度として平成に入ってから徐々に制度化され、平成3年に国民年基金連合会が設立。
 
加入の年齢や、選べる年金額などは、こちらで。
 
掛金は、経費扱い(所得控除・非課税)です。
 
注意点としては、①付加年金と同時に加入はできません。
 
 
 ちょっと長くなりそうなので、続きは次回に(^^♪
 

相続税はみんな払うんですか?

作成日:2016年09月28日(水)
こんにちは!
浜松市でお金を活かすFP事務所
ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です^-^
 
 
 
ここ最近、巷では相続の話題が増えてきています。
 
そもそも、相続税ってみんなが払わなきゃいけないの??
 
払うにしてもうちはお金ないわよ!って漠然とした不安を
 
抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
 
答えは「いいえ」です。
 
相続財産がある一定の評価額だった場合、税金はかかりません。
 
その金額のことを「基礎控除額」といいます。
 
 
2015年1月に、この基礎控除の改定が行われました。
 
この改定により、今までは相続税の対象ではなかった家庭が、
対象になるかもしれない!ということで、話題が増えてきたんです。
 
国税庁が2013年に行った、相続税課税状況の統計によると
 
2013年中に、日本全国で127万人が亡くなりました。
 
このうち相続税を払った方は、54000人(4.3%)でした。
 
100人のうち4人くらいしか払わなくていい税金だったんです。
 
このころの基礎控除額は、
 
5000万円+1000万円×法定相続人の数
 
例えば、子どもが2人だったら
 
5000万円+1000万円×2人=7000万円 までの財産なら
 
相続税を払う必要はありませんでした。
 
7000万円なんて財産ないわ、って方が大半でした。
 
 
ところが、改定後の基礎控除の金額は、
 
3000万円+600万円×2人=4200万円 まで。
 
これを超えた財産には、相続税がかかることになりました。
 
 
4200万円もの財産、我が家には、無いわ!
 
といいきれる方は、相続税を払わずに済みそうです。
 
 
ところが、実際は8-12%位の方を相続税の対象になるよう
今回の改定がされています。特に首都圏は要注意!
 
相続される財産の半分超は、不動産です。
 
評価額をご存知ですか?
 
 
 
例えば、土地付き一戸建ての価値はいくらですか?
 
持ち株会で買いつけていた株の評価額は?
 
退職金含めた預貯金は?
 
今後、相続するであろう不動産はありませんか?
 
 
高齢化社会を迎えた日本において、
 
世代交代となる二次相続(両親とも亡くなったタイミングの相続)
が発生する時期は、遅くなっています。
 
90歳代が60歳代に相続をする時代。
 
まさに高度成長期を謳歌した団塊世代の方々が、
 
相続で不動産や株、預貯金などを受け継ぐタイミングが今です!
 
 
自分達だけの資産なら相続税はかからないけど、、
 
という団塊世代の皆さま。
 
この基礎控除額を、頭の片隅に入れておくことをお勧めします(^^♪
 
弊社では、税理士・司法書士・行政書士・不動産など、
 
専門家との連携を図り、ご相談頂いた方への生涯サポートを行います。
 
 
気がかりなことがある方は、こちらへお問合せください!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

関連団体

日本FP協会 生命保険文化センター 相続診断協会