メニュー

読むだけで家計の悩みがスッキリするブログ - ギフトユアライフ浜松(FP相談)|住宅購入・保険の見直し・資産運用・老後の計画

0120-545-822 携帯電話の方 053-545-9822 お電話受付時間 9:00~18:00 0120-545-822携帯電話の方 053-545-9822 プライバシーポリシー
無料メールマガジン メールでのお問い合わせ
プライバシーポリシー

ギフトユアライフ浜松

0120-545-822 携帯電話の方 053-545-9822 お電話受付時間 9:00~18:00

無料メールマガジン メールでのお問い合わせ

読むだけで家計の悩みが
スッキリするブログ

住宅ローンの金利、選ぶポイントは??・3・

作成日:2016年07月26日(火)
こんにちは!
浜松市でお金を活かす会員制FP事務所
ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。
 
さて前回の続きです。
ポイント1・2でもなお心配な方は・・。
 
ポイント3.変動金利、固定金利の金額差
     (安心料)を試算し、家計へのダメージを予想しよう!
 
住宅ローンを組む前に、ライフプランをたてましょう。
 
○将来の夢や希望を、いつごろ、どのように実現したいか?
 書き出してみましょう!
 
○それを叶えるためのお金は準備できるのか、
 
 将来の家計の収支を「見える化」する
 キャッシュフロー表を作りましょう!
 
変動金利がいつ頃、どのくらい上昇したら、
家計がつらくなるのか?試算してみましょう。
 
住宅ローンはずっと払い続ける固定費です。
 
他にも固定費がありますよね。
通信費や生命保険料などです。
 
こういった固定費全般を見直すきっかけに、
住宅ローンの試算をしてみるのもいいですね!
 
 
最後に、全国的な金利タイプ別利用実態のデータをご紹介します。
 
独立行政法人住宅金融支援機構
「民間住宅ローン利用者の実態調査2015年9月~10月」発表
 
変動金利51.2%、
固定期間選択型20.7%、
全期間固定28.1%となっています。
 
(10月以降は金利タイプによる調査を廃止しています)
 
固定期間選択制とは、
借入期間の最初に2年~20年、
といった一定期間金利が固定されている金利タイプです。
 
つまり、2年~20年経った後、
その時の社会情勢や金利水準に合わせて、再設定されるのです。
 
「安心料」を払ったつもりなのに、途中で金利が変わるんです。
 
最初だけ固定金利、これって変動金利だと思いませんか?
 
ということで、先ほどのデータは、変動金利71.9%、全期間固定28.1%。
 
このミックス型を、固定金利と勘違いして選んでしまうことは避けたいところです。

住宅ローンの金利、選ぶポイントは??1・2

作成日:2016年07月26日(火)
こんにちは!
浜松市でお金を活かす会員制FP事務所
ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。
 
住宅ローンを考えるとき、必ずと言っていいほど気になる金利のタイプ。
今回は、その選び方のポイントを解説します♪
 
ポイント1.リスクの所在を確認しよう!
 
変動金利は、金利変動のリスクを借りている人が取る。
 
固定金利は、貸している側(銀行)がリスクを取る。
どういうことでしょう??では、
将来、貸付金利が上がったらどうなるでしょう??
 
変動金利は、そのまま貸付金利に上乗せして、
借りている人が払います。→ローンの支払金額が増えます。
 
固定金利は、銀行側がその上乗せ部分を払います。
→ローンの支払金額はそのままです。
 
なので通常は、変動金利よりも固定金利の方が、金利はちょっと高いです。
 
固定金利の方がちょっと高い、その差は、
「将来、金利が上がった時に払わなくていいよ」
という”安心料”ともいえるかもしれませんね!!
 
ではでは、
将来、貸付金利が下がる、
そのままだった場合はどうでしょう??
 
固定金利のちょっと高い部分は、
払い終えてしまえば「もったいないね」
「安心料だから」ってなりそうですね!
 
 
ポイント2.そもそもの金利の特徴を知ろう!
 
じゃあ、これから金利は上がるの??下がるの??
 
変動金利とは、その名の通り貸付金利が変動するといことです。
では、何を基準に変動しているのでしょう??
 
それは短期プライムレートです。
 
短期プライムレートとは、「短プラ」とも呼ばれ、
金融機関が優良企業向けに、短期(1年以内の期間)で貸し出す時に
適用する最優遇貸出金利(プライムレート)のことをいいます。
 
そして、短プラは間接的に日銀の政策金利の影響を受けます。
 
簡単にまとめると、だいたいのことは日銀が決めてるってことです。
日銀とは日本銀行のこと、どんな役割があるのでしょう?
 
(1)お金を作って(2)銀行に貸したり預かったり(3)政府のお金を管理しています。
 
日本銀行は、お金を貸したくない時には金利を上げます。
 
借りる人が減るので、お金が出回らない。
急激な景気上昇に歯止めをかける。
 
逆に、貸したいときには金利を下げます。
借りる人が増える。お金が出回るので、景気が上昇するはず。
 
今は、どっちですか??
 
言うまでもなく、貸したい!
世の中にお金を循環させて、物価を上げて、所得を上げたい!!
 
マイナス金利の導入前には、
お金をいっぱい刷って、「世の中に出回らせてくださいね!」やってました。
それでもあまり出回らずにいたので、マイナス金利導入。
 
銀行が、日本銀行に一定以上のお金を預けると、
追加でお金を払わなきゃいけない。
 
「銀行さん、どんどん世の中に出回らして下さい。」
 ってことを強制し始めてます。
 
 
さて、今は金利がゼロではなく、マイナスです!!
 基本的に、金利は日銀が上昇させようとしなければ、勝手に上昇しません。
 
とはいえ今後、
物価や所得が上昇し景気回復してきたら、金利を上げるかもしれません。
 
マイナス金利一つの目的である「景気回復」の実現は、
みなさんの所得をあげ、消費活動を活発にし、
長期的に日本経済が発展していくことですから、
 
金利が急上昇でローンが払えない!
という現象は起こりづらいのではないでしょうか?
 
 ポイント3は、別の記事にて♪
 

中古住宅ってどんな理由で選ばれている?

作成日:2016年07月26日(火)
こんにちは!
浜松市でお金を活かす会員制FP事務所
ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。
 
中古住宅を選ぶ時に何を重視しているのでしょう??
 
国土交通省「住宅市場動向調査(2014年度)」近畿圏の回答をご紹介します。
 
○予算的に見て中古住宅が手頃だったから 74.3%
 
○新築住宅にこだわらなかったから 39.2%
 
○リフォームによって快適に住めると思ったから 31.1%
 
○間取りや設備、広さが気に入ったから  23.6%
 
○住みたい地域に新築物件がなかったから 12.2%
 
○品質が確保されていることが確認されたから 5.4%
○保証やアフターサービスがついていたから 2%
○早く入居できるから 2%
 
一位は、予算!
家を考えるときは、未来を考えるとき。
 
未来を考えて、ライフプランを立ててみると、
自分達家族の価値観が分かります。
 
限られた収入の中で、何にお金を使うのか?
 
つまり、何を一番大事にしたいのか??二番目は?
といった優先順位が分かってきます。
 
それによって、住宅予算を決めた時、
中古住宅に目をむける人も一定数いるようですね!
 
二位~四位は、家そのものについて。
 
新築住宅と中古住宅を比較してみて初めて分かる違い。
 
リフォームによって快適に住める、
間取りや設備に納得いけば、割安に買えるかもしれません。
 
中古住宅を選ぶ際には、不動産屋さんの提案力などが
大きな決め手になってきます。
 
数社回ってみて、親身になって探してくれる
担当者に出逢えるといいですね!
 
新築の場合、建物以外にもいろいろな費用が発生します。
 
みなさんに知ってもらうための宣伝広告費や、
 
土地を探してくれたり、間取りや設備を提案してくれる
更には、外構や給排水、ドアノブのカタチまで相談に乗ってくれる
 
そんなサポートをしてくれる営業マンへの給与が発生します。
 
こだわりをカタチにする、そのプロセスを楽しむ。
新築なりの楽しみに、費用を払ってるということになりそうですね!
 
 
もう一つデータをご紹介します。
 
購入した住宅の築年数と金額の平均値
中古住宅で購入される平均の築年数は、19.8年。
購入金額は、中古の戸建ては、2009万円
中古マンションは1705万円 です。
 
築年数を見るときのポイントは、
住宅の寿命と自分たちの寿命、どちらが長いのか??
 
今30歳のご夫婦が、築20年の中古住宅を買ったとして、
あと50年近くそこに住み続けることはできそうですか?
 
メンテナンスの費用はどのくらいかかりそうですか?
 
住まい方、リフォーム費用、維持コストなど、
一生涯の住まいに掛かるお金を試算した上で、
自分達の志向や暮らしに合った住宅を選んでいきたいものですね!
 
実は、この生涯に掛かる住宅コストについては、
新築住宅を検討する際にも大事な考え方です。
 
新築でもメンテナンスは検討する必要があります。
 
最新の住宅では、太陽光発電やエコキュートを利用することで
光熱費などの維持コストを下げることができます。
 
外壁がメンテナンスフリーに近い、なんていう商品があったり、
窓が樹脂サッシでカビが付かない、省エネなどなど
こんなこだわりのある住宅もあれば、
 
こだわりは・・「安さ!」という住宅メーカーもあります。
メンテナンス費用はしっかり検討しておきましょう!

企業経営のリスクとは?

作成日:2016年07月26日(火)
浜松市でお金を活かすFP事務所
ギフトユアライフ浜松のさぎさかです。
 
企業経営においてさまざまなリスクが発生します。
 そのリスクは特性によって二つに大別されます。
 
「純粋リスク」と「投機的リスク」になります。
 
純粋リスクは「損失を被る可能性」だけがあるリスクをいいます。
一般的に自然災害や偶発的な事故によって各企業に個別に発生します。
 
例えば 火災事故や台風損害、地震など
 
投機的リスクは「利益を可能性」と「損失を被る可能性」の両方があるリスクをいいます。
経済状況によって増減し、社会全体に同時に影響を与えます。
 
例えば 株式を中心に資産運用を行った場合、
株価が上昇すれば利益を得ることができる。
 
株価が下がれば損失を被るなど 
企業においてこうしたリスクを管理するのは大切なことだと私は思います。
 
その目的は、リスクを合理的に管理し、
リスクの顕在化により損失が発生した場合でも、
自社の許容範囲を収めることによって「企業の存続」と
「継続的な発展」を図り、企業価値を高めることにあります。
 
そしてもう一つの目的は、
株主、従業員、消費者、取引先、地域社会、
一般公衆などの「ステークホルダー(利害関係者)」の利益を守ることです。
 
現在はそのステークホルダーに被害を与える様々な事件、事故があります。
 
インサイダー取引、粉飾決算、不正会計
労働災害、職業病、過労死、メンタルヘルス傷害
有害商品、欠陥商品、虚偽、誇大広告、個人情報漏えいなど・・・
 
新聞やニュースで耳にする機会が増えていませんか?
 
企業はステークホルダーの利益に沿った事業経営を行い、
コンプライアンスとリスク管理を推進することで、
上記に挙げたような事件、事故を未然に防止することが重要です。
 
最近ではBCPなどを導入する企業も増えてきましたが、
これもリスクマネジメントのひとつですね。
 
リスクマネジメントは
 
まずリスクを確認し、評価し、処理する。
 
処理には
 
リスク・コントロール(回避・防止・軽減・分散)
 
リスク・ファイナシング(移転・保有)
 
そして結果の検証といった具合に行っていく。
 
是非、大切な家族・従業員・お客さまを守るためにも企業経営にリスクマネジメントを!!!

70歳でも失業保険ってもらえるんですか?

作成日:2016年07月26日(火)
こんにちは!
浜松市でお金を活かすFP事務所
ギフトユアライフ浜松の鈴木裕也です。
 
皆さんもご存じの通り、
少子高齢化が進んでいるので、雇用保険について触れてみます。
 
65歳以上の雇用者数が1990年には約80万でしたが、
2015年には約360万人と、4.5倍に増加しました。
 
そういった背景もあり、
雇用保険の給付金や手当ては拡充が相次いでいます。
 
具体的には、介護休業給付金について、
対象家族一人につき最長93日間取得できますが、
 
給付率が1990年代は20%台でしたが、
今年の8月からは67%になります。
 
また現状、雇用保険の加入は65歳までですが、H29.1月からは、
65歳前から同じ事業主に雇用されている場合に限り加入し続けることができ、
 
失業した際に賃金の50~80%が最大50日分支給され、支給回数の制限もなくなります。
 
老齢基礎年金については、昭和41年4月2日以後に生まれた方は65歳からの受給です。
 
60歳で定年退職をされる方は、
年金受給までの5年間、退職金を切り崩して生活をするなどの計画が必要です。
 

平均寿命とは、

0歳から何歳まで生きられるかの平均ですが、男性約80、女性は87歳です。

 

健康寿命とは、
健康で自立して暮らすことができる期間で、男性は約71歳、女性は約74歳。
 
平均寿命と健康寿命の差、
つまり日常生活に支障をきたす期間が男性で約9年、女性は約12年あるということになります。
 
一番大事なのはやはり健康なので、ガタがきてからではなく、
今から気を使って、できることから始めましょう。
 
私は20歳代でサラリーマンをやっていたころ、
早く定年を迎えてセカンドライフを謳歌したいなどと言っておりましたが、
 
それにはお金と健康が必要、若輩者だったと痛感しております(笑)
 
現在30歳半ばなので少し先の話ですが、
60歳を超えても、体が元気であれば働こうと思っています。
 
私の父も定年退職後、嘱託社員として市役所で働き、
それ以降もずっと家にいても暇なのか、時々アルバイトをしているそうです。
その話を私にしているときの父は楽しそうです。
 
老人が老人の介護をする時代と言われています。
 
体が元気であればですが、健康のためにも、
元気な高年齢者が沢山いきいきと働いている社会になると嬉しいですね。

関連団体

日本FP協会 生命保険文化センター 相続診断協会