メニュー

読むだけで家計の悩みがスッキリするブログ - ギフトユアライフ浜松(FP相談)|住宅購入・保険の見直し・資産運用・老後の計画

0120-545-822 携帯電話の方 053-545-9822 お電話受付時間 9:00~18:00 0120-545-822携帯電話の方 053-545-9822 プライバシーポリシー
無料メールマガジン メールでのお問い合わせ
プライバシーポリシー

ギフトユアライフ浜松

0120-545-822 携帯電話の方 053-545-9822 お電話受付時間 9:00~18:00

無料メールマガジン メールでのお問い合わせ

読むだけで家計の悩みが
スッキリするブログ

一人親方!職人さん!もしもの備えは??

作成日:2016年09月08日(木)
浜松市でお金を活かすFP事務所
ギフトユアライフ浜松の匂坂です。
 
私は法人の契約をお預かりすることがよくあります。
多くは自動車保険、火災保険、傷害保険になりますが、最近では使用者賠償責任や請負業者賠償責任も多く取り扱うようになりました。
 
これは簡単にいうと
 
働いてくれている従業員が、業務中に亡くなったり、ケガ、後遺障害を負い会社を相手に裁判をして賠償金をもらうということに対応する保険です。
 
例えば、長年、運送業でドライバーをしていて退社後、仕事が原因で腰痛が慢性化し賠償請求をしてくる。
 
またニュースにもなりましたが、外食産業で過重労働で死亡に至り、親族が会社を訴える。
 
精神傷害や過労死への安全配慮義務の欠如による賠償請求など
 
これらが使用者賠償責任補償保険に支払い対象事故例になります。
(詳しくは保険会社もしくはわたくしまで)
 
近年は精神障害や過労死などの脳・心疾患に関する労災請求件数の増加を目の当たりにすると経営者もそれに備えておかなくてはと問い合わせが増えた次第です。
 
また世間が裁判や損害賠償請求をあおることにより、本当に些細な事故でも弁護士に依頼する時代になりました。
 
そこで個人事業の一人親方さんや職人さん、万が一に仕事で賠償請求されたら自分の生活もままならなくなります。そこで契約をするのが請負業者賠償責任保険です。
 
業務中に、通行人にケガをさせたとか、資材を運んでいて他人の車に傷をつけた。などが支払い対象です。
 
これまでに資材を運ぶ際に通行人にケガをさせたり、内装工事中に壁を傷つけた、工具が床におちて施主の家屋に傷をつけてしまったなどがありました。
 
今までの支払い事例では、100万円前後でしたが保険会社の支払い事例では1億を超えるものや何千万円というのは確実に発生しているという事実です。
 
ですのでご自身の生活を守るため、相手に迷惑をかけてもちゃんと支払えるよう仕事に関しては本当にしっかり備えましょう!!
 
そうした責任感が、お客からの信頼を得てより明るい未来を切り開いていくと思います。
 
備えは思い遣りですから
 
お仕事に関する保険のお問い合わせも
 
ギフトユアライフ浜松までお気軽に

気軽にできる相続診断、体験しませんか?

作成日:2016年09月07日(水)

こんにちは!

浜松市でお金を活かす FP事務所

ギフトユアライフ浜松 鈴木幸子 です!

 

2016年9月22日 支社設立初めての取り組みとして、

 

静岡新聞びぶれ主催 終活フェア「ワンダフルライフ2016」にブース出店を致します。

 

「気軽にできる相続診断チェックシート」に答えて頂くと粗品を進呈。

 

後日、診断結果は、郵送またはお届け致します。

またイベント中に限り、その場で税理士・行政書士・司法書士など、

相続に関連する専門家に相談できる特典付きです。

 

ステージイベントや各分野のセミナー、ブースが18

楽しくて充実した、気づきの多いイベントになること間違え無し!!

 

お時間の許す方は是非とも遊びに来てくださいね~(^^♪

 

ご案内は こちらへ→  チラシ表 チラシ裏

 

びぶれさんのホームページは、こちら

 

 

 

 

 

 

おこづかいのあげかたを知りたいです!

作成日:2016年09月07日(水)
こんにちは!
浜松市でお金を活かす FP事務所
ギフトユアライフ浜松 鈴木幸子です。
 
今日は、私のFP活動の一環で
4年ほど前から取り組んでいる子どもの金銭教育で、
おこづかいを活用して、子どもの自立を促す方法をご紹介します。
 
以前、我が家の子どもが小学生の頃に、
その小学校の家庭教育講座で40分ほどの講和をさせて頂きました。
 
先生方がおっしゃるには、
おこづかいのあげかたや金額などについて聞かれるけれど、
それぞれの家庭の事情もあってアドバイスが難しい、ということでした。
 
では、そもそもなぜおこづかいが必要なのでしょう?
 
限られたお金を計画的に使うことで、将来の生きる力を養うため。
 
お金の使い道は、その子の価値観の現れで、良い悪いはない。
 
本人が実現したい未来にお金を使うわけですから、
稼ぎに見合ったお金の使い方ができればいいのです。
 
限られたお金をオーバーしてまで
欲しいものにお金を使ってしまっては、将来は自己破産してしまいますよね・・。
 
欲しいものがあったら親に言えば、ばぁばに言えばお金がもらえて、
欲しいものは何でも買えてしまう状況は、子どもの成長を妨げます。
 
学校では、稼ぐ力を養う教育がされていますが、
使う力の教育も必要なんじゃないかな、って思います。
 
では具体的に
 
まず、いつからおこづかいを始めるか?
 
→お金に興味を持ち始めたら。
(年齢、性格によって違うので子どものペースで)
 
金額の決め方については、子どもとおこづかい会議を行う。
 
①子どもの為に使っているお金の使い道を書き出す。
 
○おかしやジュース、ゲームや文房具など子どもでも思いつくもの
○靴・服・下着といった身の回りのもの
○食費・レジャー・教育費(今・将来への貯蓄も)といった子どもには気づきづらいもの
 
こういった使い道を子どもと一緒に書き出し、
「自分にはいろんなお金を使ってもらえている」という
感謝ができる環境を作ってあげてください。
 
②使い道のうち、どの使い道を自分で選びたいか決める。
 
今までは、スーパーに行くたびに「1個だけ」というお菓子の買い方をしていた。
親の指示のもと、選ぶことに集中し、今欲しいかどうか、金額は?といった注意がない。
 
→月に6回くらい買い物に行って、100円位の予算でお菓子を選ばせるとしたら・・
 お菓子代金として600円をおこづかいにしてみる。
 
③使い道の中に、人のため、将来のため、という項目も入れておく。
 
例えば、
自分の為に使うお金(おかしやジュース)600円
人の為に使うお金(誕生日プレゼントやお土産、寄付など)500円
将来のために使うお金(1年後に3000円のおもちゃを買う貯金・緊急用など)400円
 
中学年位で、こんな月間予算が立てられるといいと思います^-^
 
金額は適当ですので、目的に合った内容で・・。
 
大事なポイントは、
使い道を決める権利を親から子どもに移す!任せる!というところ。
 
④ルールを決めておく。
 
○いつ、いくら、どのようにおこづかいをもらうか。
例えば、月初に~円、おこづかい帳の振り返りをしてから、1か月分まとめて・・
 
○お友達におごらない、かさない
○困ったときには早めに親に相談する
 
などなど
 
⑤記録をつけて、振り返る。
大人の家計簿もしかり、振り返りが大事です。
 
その時のポイントは?
 
事実確認と今後の使い道についての子どもの意見を聞く。
使い道に良し悪しはない!を基本としてください。
 
例えば、
「今回は自分の為に1000円使ったんだね、楽しかった?^-^」
「自分で決めてお金を使うって楽しいよね。」
 
でも、
「~ちゃんは、おこづかい会議では自分の為には600円て決めてるけど、
 来月はどうやって使って行けばいいと思う?」
 
金額を決めたのも、使い道を決めたのも「~ちゃん」
翌月に期待です!
 
翌月、
「今月は、パパの誕生日があったね、貯金していたお金で買えたかな?」
「自分の為にも800円使ってるから、年末3000円のおもちゃを買えるかな?」
 
トライ&エラーから何を学ぶかは、子どもの自由です^-^
そこから自分を知り、管理も上手になり、自立をしていくと私は考えています。
途中でうまくいかなくなっても、完璧でなくても、やめないでください。
 
ながーく、続けてみてください。お金の使い道を考えるだけでも価値があると思います。
 
次回は、我が家の具体例を写真付きでご紹介しますね!!

お金にまつわるリスク④

作成日:2016年09月06日(火)

浜松でお金を活かす FP事務所

ギフトユアライフ浜松 さぎさかです

 

お金にまつわるリスク④

 

さてこれまで、保険、老後、介護についてお話してきました。

 

お話したことを解決できるのはお金なんですね。

 

もちろんお金だけではない部分はありますが、必要だということはお気づきになってらっしゃるかと思います

 

④番目 介護です。

 

今、問題になっているのは老老介護と呼ばれるもので在宅介護を行っている世帯のうち、

 

介護される側もする側も60歳以上という世帯は全体のおよそ6割になるそうです。(厚生労働省調べ)

 

つまり60代が、80代を死ぬまで介護していく。

 

精神的、経済的に厳しい状況はまさにリスクといえます。

 

これまで高齢化問題は進展の「速さ」が問題であったが、

 

平成27年以降は高齢化率の高さ(=高齢者数の多さ)が問題になっています。

 

また認知症高齢者の見通しは、平成14年は約150万人でしたが、2025年には約320万人になると推測

 

されています(厚生労働省老健局総務推進課推計 平成15年6月)

 

高齢化社会が抱える問題は、医療・老後・介護と大きな課題となってきています。

 

お金だけが解決策ではないかも知れませんが、お金で解決できること、お金が必要だということは紛れもない真実です。

 

私たちFP(ファイナンシャルプランナー)は将来、必ず来る不安をみなさんに寄り添い解決していく、備えていく

 

お手伝いをさせていただいております。

 

 

 

 

 

 

 

介護に掛かるお金はいくら?

作成日:2016年09月05日(月)
こんにちは!
浜松市でお金を活かす FP事務所
ギフトユアライフ浜松の鈴木幸子です。
 
今回は介護費用について・・
 
我が家は、8年前から両親と同居をしていました。
2年前の春、義母が亡くなり寂しい限りではあるものの義父は健在。
 
母の闘病では、実際の入院費用や病院の使い勝手、
介護保険の申請、そして保険金の請求まで、多くの経験をさせてもらいました。
カウンセリングの中でもしばしば登場する義母、天国で笑ってくれているんだろうな・・。
 
義父はといえば、昨年あたりからは、お弁当の配達の仕事をはじめ、
7月の誕生日にはお祝いをしてもらうなど、楽しく充実した時間を過ごしてくれています。
 
義父は、「私の帰宅が遅くても子どもたちを二人にさせない」という安心感を与えてくれています。
 そんな父も67歳、いずれは介護も考えないといけないな、と思う今日この頃です。
 
そこで先日、浜松市の介護環境についてより具体的に調べてみました。
その上でキャッシュフロー表(将来の収支を見える化する表)を作成、
 
健康寿命や介護期間、要介護になった場合に掛かる費用や
介護時間とのバランスを考え、その時に備えようと主人と共有しました。
 
一旦は、全国平均等のご紹介です。
 まずは、健康寿命と平均寿命の差について
 kaigo
 生命保険文化センターHPより
 
 
一時金80万円 + 月額7.9万円 × 介護期間59ヶ月=546万円 
 
さて上記は平均値の掛け算でしたが、実際のところはどうでしょう?
 
例えば、浜松で要介護3以上になって施設に入所することを考えた場合、
 
ある施設の入所一時金が20万円
毎月の施設利用料と介護費用の1割負担額が月額15-18万円位です。
 
実際には自宅の近くや、
介護のサポートをする家族が住んでいる家の近くに施設を探すと思います。
 
 チェックポイントとして、
○その施設がどういう条件で受け入れをしてくれるのか?
○定員は空いているのか?
○費用に含まれているサービスがどこまでなのか?
 
など、実際に動いて調べておくことをお勧めします!
 
長くなる介護生活は、精神的にも肉体的にもムリは禁物。
 
経済的な部分でいうと、
年金の範囲内で月額の費用が賄えるような施設を探せれば一安心。
 
あるいは、在宅介護だった場合は5万円~8万円位が費用として掛かります。
 
ご両親が介護になった時、
 
身体的なサポートが必要か?
 
経済的サポートが必要か?
 
精神的なサポートはすべての家族ができることであり、
必要不可欠なサポートだと思います。
 
 
自分達家族が老後に介護になった時、
身体的なサポートをどうしていくのか?
経済的な備えはどのようにしていくのか?
 
また、現在はインターネットで検索すると多くの施設の情報を手にすることができます。
今回、私が義父との暮らしを考え、実際に問い合わせをしたりして動いたことは、
将来に現実味を持ついいきっかけとなりました。
 
少しずつ、考える必要がありますね!
 

関連団体

日本FP協会 生命保険文化センター 相続診断協会