メニュー

読むだけで家計の悩みがスッキリするブログ - ギフトユアライフ浜松(FP相談)|住宅購入・保険の見直し・資産運用・老後の計画

0120-545-822 携帯電話の方 053-545-9822 お電話受付時間 9:00~18:00 0120-545-822携帯電話の方 053-545-9822 プライバシーポリシー
無料メールマガジン メールでのお問い合わせ
プライバシーポリシー

ギフトユアライフ浜松

0120-545-822 携帯電話の方 053-545-9822 お電話受付時間 9:00~18:00

無料メールマガジン メールでのお問い合わせ

読むだけで家計の悩みが
スッキリするブログ

保険って必要ですか

作成日:2016年09月15日(木)

浜松でお金を活かすFP事務所

ギフトユアライフ浜松のさぎさかです

 

 

さて先日、保険はしっかり入らないとリスクだよってお話をしました。

以前、こんな質問がありました。

 

「保険って入らなくてはいけないの?」

 

みなさんはどう思われますか?

 

正解はのちほど

 

そもそも保険制度は公的な保険と民間の保険会社に分かれます。

 

公的なものは

 

健康保険

年金

労働災害保険

雇用保険

などがありますね。

 

これらは、みなさんが病気やケガ、老後の生活費、仕事中のけが、失業など

最低限度の生活を守れるように国で用意しています。

もちろん、保険料を納付してなくては支払われませんが。

 

 

これに上乗せして民間の保険会社の生命保険・損害保険があります。

 

生命保険は

 

死んでしまったあとの整理資金残された家族に対する保障、急な入院・手術や高額な医療に備える保障、

老後の生活資金をためるなど目的のためにあります。

 

つまり、いま健康で豊かに暮らせているとしたらその生活水準を守るため、つまり出費を軽減することが目的

ですよね。

 

この目的に対して保険が効率的で有効なので、多くの方がお入りになっています。

 

いかがでしょうか?

 

必要でしょうか?

 

十分な貯蓄があれば保険は必要ありません。

 

ご自身の貯蓄で、いま、お話しした残した家族の生活費やご自身の病気やけがの医療費・老後の生活費をまかなえれば保険はいらないですよね。

 

でも多くの皆さんが保険を必要として加入されるのは、まだ十分な資産を構築できてないからではないでしょうか

 

お金の不安を取り除くのが民間の保険会社の保険ではないでしょうか。

 

 また損害保険

 

基本的な考えは

 

賠償責任になります。

 

簡単にいえば、人に迷惑かけたら責任とってねです。

 

日本では法律があります。

 

法律つまり民法によって相手の身体財物

 

けがを負わせたり、ものを壊したりしたらその責任を負いますよね

 

近年、その賠償額も多額になってきました。

 

億単位の十分な資産はございますか?

 

もし自動車事故や個人が賠償責任を負うようなことになったとしたら

 

人生をダメにしてしまうきっかけになりかねませんよね。

 

火災保険もローン支払い中に火事になって無保険だったら…

 

修繕費や仮住まい費用など多額のお金が必要になります。

 

なので損害保険も必要といえるでしょう。

 

保険はお金の悩みを解決してくれる道具(ツール)だったのです

 

「保険は必要か?」という問いに

 

みなさんの加入目的がしっかりしているなら必要といえるのではないでしょうか。

 

とはいっても保険は分かり難い商品です。

 

保険に関するご相談も

 

ギフトユアライフ浜松までお問合せくださいね。

 

親身になって寄り添い問題解決をいたします

 

雨が降るたびに秋を感じるようになりましたね。

 

季節の変わり目、お体ご自愛くださいませ

 

 

 

 

 

 

 

地震保険の保険料が上がります!

作成日:2016年09月14日(水)
こんにちは!
浜松市でお金を活かす FP事務所
ギフトユアライフ浜松 鈴木幸子です。
 
静岡県の地震発生率、南海トラフは30年以内に70%と言われています。
それもマグニチュード8-9クラスの地震だそうです。(政府 地震調査研究推進部)
 
30歳の人が60歳になるまでに70%の確率で地震が起こるって・・・。
30歳で元気だった人が、60歳までに亡くなる確率は、3%位。大差ですね。
 
2016年4月に起きた熊本地震による
地震保険金の支払件数は20万1,186件、金額は3171億円。
 
東日本大震災に次いで2番目の多さでした。
 
地震保険は、政府が主導で設計され、
民間の損害保険会社に販売や給付等を委託しています。
 
そのため、どの保険会社で加入しても、金額は一緒です。
 
気を付けたいのは、共済の仕組み。
共済は、独自の組合員の中での助け合いの為、国主導の地震保険には加入できません。
 
また地震保険は、火災保険のオプションとして加入する必要があり、
地震保険を単独で加入することができません。
 
さて本題の保険料の値上がりについて
 
2014年7月には、全国平均で15.5%の値上げが実施されました。
しかし、その1年後には再値上げの届け出が金融庁に申請されています。
 
2017年1月の料率改定を皮切りに、
2019年、2021年の3回に分けて行われ、全国平均で19%の値上げが予定されています。
地震保険の加入の仕方として、この料率改定の影響を5年間先送りできる方法があります。
保険料を5年長期で払ってしまうことです。現在の料率で払ってしまえば、5年間の保険料は上がりません。
 
自宅も仕事も失い、未来が描けない時の地震保険の受取は明日の希望になるかもしれない。
地震保険の家計への負担は大きくなるが、だからこそいざという時に役に立ってくれる。
最優先で準備しておいていただきたい補償です!
 
ちなみに私は、建物だけでなく、家財に対しても多めの地震保険をかけています。
なぜなら、地震保険は火災保険での建物評価額の半分までしか保険金として設定できないからです。
 
つまり、2500万円の物件が地震のあとの火災で燃えてしまった場合、
1250万円しか保険金は出ません。(特約などは無いとして)
 
同じ家どころか、家財も全部ダメになっているわけですから、家を建てることもままならず
住宅ローンが残っていたとしたら、住むための賃貸住宅とローンの2重苦になってしまいます。
 
そこで活躍するのが、家財保険。
こちらは家族の人数によって設定できる目安の家財金額があるのですが、
例えば火災で家財が燃えて1000万円だったとすると、地震の場合には500万円の保険金。
 
つまり、地震のあとの火災で全焼してしまった家を、
1250万円+500万円=1750万円位で建替えるなどの選択肢が可能となります。
 
特約等でもう少し地震への備えを充実させることができたり、
国主導の地震保険に独自の補償を上乗せして、火災保険と同額の支払いを実現する商品など
地震保険への備えを充実させる制度を始めている損害保険会社もあります。
 
地震保険をまとめると
 
①国主導で設計されている
 
②民間の損害保険会社に委託、共済は別団体
 
③火災保険金額の半分までしか保険金額を上げられない。
 
④地震のあとの火災は、地震保険でないと備えられない。
 
⑤保険料がどんどん上がっている!!
地震保険の必要性を営業さんから聞いたことありますか?
 
何よりも最優先に、住まいを守っていくためにも、地震保険の加入はお勧めしたいです。
 
何かあったときにいち早く相談できて、専門性の高い
ギフトユアライフ浜松、初回無料相談を行っていますのでお気軽に!

サーフィンの保険

作成日:2016年09月13日(火)

浜松でお金を活かす FP事務所

ギフトユアライフ浜松のさぎさかです。

 

浜松では海、山に恵まれマリンスポーツや山登りを趣味にしている人も少なくないですよね

 

私のお客様でご紹介で、よくご相談を受けるのはそうしたレジャーの保険。

 

おけがもするかもしれません。

 

サーフィンでは、ほかの方と接触してけがを負わせることもありますよね。

 

またサーフボード(保険会社によっては保険金支払い対象外)やテニスラケット、ゴルフクラブなど高価な用品もあり、それが偶然の事故で

 

破損してしまったら…

 

私でしたら落ち込んでしまいますね。

 

レジャー = 保険 と結びつかないかもしれませんがあるんです。

 

基本はおけがの補償で

 

傷害保険

 

これに日常賠償責任保険をつけて

 

さらに携行品補償特約をつける。

 

傷害保険+日常賠償責任+携行品補償特約

 

これでレジャー用の保険の出来上がり。

 

また特約に天災危険特約や救援者費用特約など

 

普段、あまり聞かない特約もありますのでぜひ保険代理店さんもしくは

 

ギフトユアライフ浜松までお問合せくださいね。

 

このように保険は基本の契約があり、特約という形でその補償を広くすることができます。

 

ギフトユアライフ浜松では、そんなお役に立つ情報をたくさん提供できるメンバー在籍していますので

 

ぜひキッズスペース・駐車場ありの事務所に遊びにいらしてください。

消えちゃう年金・・サラリーマン必見です!

作成日:2016年09月12日(月)
こんにちは!
浜松市でお金を活かす FP事務所
ギフトユアライフ浜松 鈴木幸子です。
 
一時期、消えた年金、なんて話題になった年金データの電子化
実は、私の実母も年金も消えそうになっていました。
しっかりと確認しておく必要がありますよね!
 
今回は「消えた年金」でなく、「消えちゃう年金」についてです。
つまり今の年金制度で、消える可能性がある私たちの年金についてご紹介します。
 
消えちゃう可能性がある方のチェックシート
 
○サラリーマンですか?
○会社の年金制度が変わったことありますか?
○年金制度が変わった後に、転職をしましたか?
 
すべて「はい」の方は、これ以降もお読みくださいね!
 
確定拠出年金の自動移換問題  です。
 
転職前の会社で、企業型確定拠出年金が導入されていた場合、
離職や転職により加入資格がなくなります。
 
企業型の資格がなくなった場合、
個人型に移行することができるのですが、
そのことを知らないとどうなるのでしょうか?
 
放置しておくと資格喪失から半年で
国民年金基金連合会に自動移換(強制移換)されてしまいます。
 
自動移換者は年々増えています。
平成27年3月末で、498,500人に達しています。
個人型の確定拠出年金の加入者が212,900人なので、
その倍の方が移換されて放置していることになります。
 
どういう状態かというと、
運用していた年金資産は現金化され、移換手数料4,269円が差し引かれ、
移換4か月目からは毎月51円の管理手数料が資産から差し引かれる。
 
例えば、30歳の方が離職、移換する金額が30万円だったとします。
このお金は運用されませんので、減るばっかりです。
 
このことに気づかないまま時が過ぎた70歳のある日、
国民年金基金連合会から自動給付の案内が・・。
 
さていくらになっているか??
約27万円・・。40年間も置いておいたのに、確実に10%減ります
 
対策としては3つ
 
個人型の確定拠出年金に移換する。
→将来受給できる年金が充実、掛金全額が所得控除され、節税になります(年利15%)
 
企業型年金に移換する。
→転職先に企業年金がなければ移換できない。
 
脱退一時金として受け取る。
→条件があります。3年以上の方は選べません。
 
 前職での加入期間が3年以下、50万円以下で、資格喪失から2年以内に請求すること。
 ※特例で、プラス2年以内、25万円以下でも請求できます。
 
オススメは、
①の個人型確定拠出年金に移換し、追加で掛金を積立続けること。
 
老後の生活資金を、効率的にためる(節税効果大)ことができますので、
これを機会に確定拠出年金の制度を理解してみませんか?
 
確定拠出年金について、詳しくはこちら
 

事前に知っておきたい、退職金のもらい方

作成日:2016年09月09日(金)

こんにちは、浜松市でお金を活かすFP事務所、

ギフトユアライフ浜松の鈴木裕也です。

 

もう少しで定年退職という方は、退職金について、

どう活用すればいいのか、考えているでのではないでしょうか?

 

まずは、受け取る際のもらい方について触れてみます。

 

受取方法ですが一時金受取といい、言葉の通り一括で貰う方法。

 

もう一つは年金受取、分割して年金方式で貰う方法です。

 

 

一般のサラリーマンは一部を一時金で、

残りを年金で受け取る併用受給もできますが、公務員の方は一時金受取のみです。

 

一時金受取の場合、所得税と住民税が課税されますが、

 

○いつものお給料とは別で計算することができ(分離課税)

 その所得には退職所得控除という割引(税制優遇)が適当されます。

 

例えば40年働いた場合は、2200万円までの退職金には税金がかかりません。

 

注意点としては、退職時に必ず「退職所得の受給に関する申告書」の提出が必要です。

 

提出しないと、納めすぎた税金の払い戻しには、確定申告が必要になります。

 

年金受取にした場合、少しずつ貰うことで、

 

○支払期間中も残りのお金が運用され、その利息分を多く受け取れます。

 

○受け取った年金は、運用益など関係なく、国からの年金と合算して課税されます。

 

注意点は、

務めていた企業の経営が悪化すると、将来の支給額が減額される可能性があります。

 

最低保障の運用率のや受給期間の確認をしておきましょう。

 

併用受給が可能なら、

退職金所得控除で非課税となる金額を一時金で受け取り、

残りを年金受取にして税金の負担を減らすなど、バランスをよく考える事。

 

長年お勤めされて手にできる退職金、

また大切な老後の生活資金の原資ですので、大事に活用したいですね。

 

活用方法を職場の方には相談しづらいとか、

誰に相談すればいいのかご不明な際は、私どもにお気軽にご相談ください。

 

老後の計画サポートプランの詳細は、こちら です!

関連団体

日本FP協会 生命保険文化センター 相続診断協会